JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

cw decoder

M5Stack で CW Decoder を作る ~8~ (M5StickC Plus コンパイル済みバイナリの配布と書き込み方法)

M5StickC Plus の CW Decoder のプログラムをバイナリで公開しました。 お金を掛けずに CW の解読をやってみたいというハム局は、是非とも一度お試しください。download: cw_decoder_v.0.1.zipzip 内のファイルは、ウイルス検知ソフトのカスペルスキーでチェ…

M5Stack で CW Decoder を作る ~7~

動画をブログに貼ってみる試み。YouTube を経由させれば簡単に動画は貼れるんですが、ブログなんで写真のように動画を貼ってみたくなりました。 M5SticC Plus 単品だけで、スピーカから聞こえるモールスを文字にデコードします。マイクもバッテリも最初から…

M5Stack で CW Decoder を作る ~6~

M5StickC Plus の CW Decoder の続きです。起動時の画面とか・・・少し見栄えをよくしてみました。電源オンで、このタイトル画面が3秒間表示します。これがデコード中の画面になります。A ボタン(M5)で、欧文と和文の切り替え。モールスの速度(wpm)、デ…

M5Stack で CW Decoder を作る ~5~

M5StickC Plus を CW Decoder にして、和文モールスを解読する。先日の日本語表示もうまくいったので、今日は和文も解読できるようにプログラムを修正しました。 解読する和文は Learning Morse で作成。パソコンのディスプレイから聞こえる音を拾って解読さ…

M5Stack で CW Decoder を作る ~4~

M5StickC Plus で日本語を表示する。和文モールスの解読表示でカタカナを使うため、今日はこのあたりのことをやってました。で、今回は、eFont というライブラリを使わせていただきました。 ただし、今のところ M5StickC Plus に対応していないため、コンパ…

M5Stack で CW Decoder を作る ~3~

M5StickC Plus でモールス解読です。標準の内蔵マイクを使って、モールスを解読させてみました。まず、最初に M5Stack で使った MEMS マイクロフォンを使って実験してみました。 M5StickC Plus の G26 に、MEMS マイクボード(ADMP401)の AUD を接続するだ…

和文電信を解読(文字に)する

先日アップした子供向けニュースの和文電信ですが。ハム(アマ無線)という趣味をご存知にならない何人かの方から、「このピーピーと流れる音には何か意味はあるのか、一体なんていってるのか?」というような、ご質問をいただきました。ということで、今回…

M5Stack で CW Decoder を作る ~2~

MEMS マイクロフォンを使って、スピーカから流れる音を直接拾い、モールスを解読してみました。 スピーカからダイレクトで音を拾って解読する これまでのオーディオケーブルを使う方法に追加して、MEMS マイクロフォン(AI スピーカなどで使われてるやつ)で…

M5Stack で CW Decoder を作る ~1~

今年最後の書き込みです。表題通り、「M5Stack を使ってモールス解読器を作ってみる」という、そんな企画を始めてみました。 基本、モールスは耳で聞くものであり、キカイを使って解読しようなどという行為はどうしてもお勧めできません。この企画では M5Sta…

CW 解読器を作ろう!

物珍しさで入手したはいいけど効果的活用が見いだせずに、ついにはシャックの飾り物になってしまうという、ハムの周辺機器といえば「CW 解読器」ですが、このブログでも過去に何度か取り上げたことがあります。で、本日はこの CW 解読器の話題なんですが、実…

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その27~

久々に新しいスケッチを落として遊んでみました。 最新バージョンの IDE「ARDUINO 1.6.12」を使ってコンパイルを試みたのですが、 前と同じようにエラーが出て、コンパイルは通らず。 最新バージョンの 1.6.12 でも、選択するオプションによってはコンパイル…

お金をかけずに CW をデコードする

今日も頂いたメールから思うことを書いておきます。 内容は、cwdecoder のことなのですが、記事中にでてくる作成基板を譲ってほしいという内容のメールを時々ではありますが頂いております。そして、このモールスを文字にデコードする cwdecoder については…

cwdecoder を試してみた ~その17~

遠隔操作で7メガの和文を聞いていたら、無性に電鍵が叩きたくなってしまい、 小一時間ほど叩きまくってしまいました。。。 cwdecoder にトーン発信機能も付けていたので、 自分の叩くモールスを解読させながら電鍵操作を楽しむことができました。 やっぱり…

cwdecoder を試してみた ~その16~

大した事じゃないんですが。 フラットケーブルを使って接続していたマイクモジュールを、 cwdecoder 本体に直接接続してみました。 before after マイクモジュールのピンヘッダをソケットタイプに交換するだけです。 before after 裏から見るとこんな感じ。 …

cwdecoder を試してみた ~その15~

基板から作った cwdecoder ですが。 何処まで速い速度が解読できるか試して見ました。 前回は 35 wpm まで100% の解読率だったので、今回はそれ以上の速度で実験です。 モールス音源は前回と同じ cw mania を使った JA コールの連続再生です。 40 wpm www.yo…

cwdecoder を試してみた ~その14~

それでは、ハンダ付けの開始です。 1. 組み立て 背の低い部品から取り付けです。 タクトSW、圧電ブザーも基板にぴったり収まりました。 Arduino Nano を使って手抜き仕上げです。ATmega328P に 250円も出すなら、この nano を買った方が絶対お得です。 基板…

cwdecoder を試してみた ~その13~

Fusion PCB に発注していた基板が到着しました。 www.jh1lhv.tokyo 長期休暇を取得して東京に帰省中だったので、実際に手にするのが遅くなってしまいました。 9/7 にウェブで発注して 9/23 には到着していたようなので、注文から2週間程度といったところで…

cwdecoder を試してみた ~その12~

久々の cwdecoder ネタです。 Arduino nano の構成で プリント基板(PCB)を作成してみました。 KiCad を使っての初めてのプリント基板作成ですが、回路図が単純な方が簡単じゃないかということで、arduino cw keyer じゃなく、こちらの cwdecoder の方を選…

cwdecoder を試してみた ~その11~

Arduino で動作する cwdecoder ですが、ATMaga 328 の最小構成で動作するように回路図を描いてみました。 この回路では、標準の cwdecoderに、 ① マイク入力機能 ② 送信練習用のトーン発振機能 ③ 和欧文切り替え機能 をプラスしています。 今回はただ回路を…

cwdecoder を試してみた ~その10~

Arduino は標準でシリアル通信を備えているので、今日はその辺りの実験です。 本日は少しだけ cwdecoder のスケッチを修正して Windows で動作するテストプログラムを作ってみました。 といっても、やったことは簡単で、 cwdecoder で解読した文字を Arduino…

cwdecoder を試してみた ~その9~

何時までもブレッドボードじゃ醜いので、バニラシールドを使って少し美しく組み直してみました。 ジャンパ線だらけのごちゃごちゃは気持ち良いもんじゃありません。 こんな感じに組み直しました。 無線機のスピーカから流れる CW も解読できるように「マイク…

「CW 解読プログラム」を作ってみた ~その2~

パソコンの処理速度に比べたら遅すぎるほどの CW のくせに。。。スピーカから聞こえるシングルトーンの CW からトーンを抽出して、「耳で聞き分けられるほどに遅い速度の音」の断続から、短点と長点のモールスに変換する。たったこれだけの作業なのにノーミ…

「CW 解読プログラム」を作ってみた ~その1~

Arduino cwdecoder に触発されて、ここ最近、Windows で動作する CW 解読ソフトを作っておりました。何とか動くところまでは持ってきましたが、思ったように解読率が上がらず、Goertzel アルゴリズムのパラメータをイジッたり、変える必要のないサンプリング…

cwdecoder を試してみた ~その8~

CW マニアなら cwdecoder は送信技能を向上させるためのツールとして使いたいもの。 ということで、 今日は電鍵やバグキーを接続した送信練習ができるようにスケッチを改良してみました。 やったことは極めて簡単で、 空いてるデジタル入出力ピンを使ってス…

cwdecoder を試してみた ~その7~

cwdecoder のトーン周波数は、496Hz、 558Hz、 744Hz、 992Hz の4つの中から1つ設定することができます。(デフォルトは 558Hz です。) さて、今日の作業ですが、 私が好むトーン周波数はデフォルトの 558Hz より少し高めの 700Hz なので、タクト SW を使…

cwdecoder を試してみた ~その6~

大陸に注文していた LCD (20☓4)が到着したのでサッソク交換。 16☓2 の LCD に比べると、こんなに大きく厚みもあってズッシリしてます。 まとめ買いしてストック十分の I2C モジュールを取り付けです。 (こうしてノーマル LCD に I2C モジュールを取り付け…

cwdecoder を試してみた ~その5~

今回は、Arduino にマイク(ECM)を取り付け、スピーカから流れるモールスを解読させてみました。 使用したマイクは、昨年の夏に大陸から購入していた仕様が不明の音センサです。 このセンサの実力は不明ですが、部品実装面から推測するとマイクアンプも付い…

cwdecoder を試してみた ~その4~

和文に適用するようにスケッチを少し修正しました。 今回の修正は次の2点です。 ”ホレ” がきたら、和文モードに移行するように修正 和文受信中にカッコがきたら、閉じカッコまで欧文モードに移行するように修正 和文から欧文への切り替えは未実装です。 ”ラ…

cwdecoder を試してみた ~その3~

cwdecoder の解読精度は如何なものでしょうか。 簡単な試験をしてみました。 78文字の欧文と46文字の和文をそれぞれパソコンからオーディオ出力して、cwdecoder で解読ミスした文字数をカウントしました。 <欧文> 78文字 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ABCDEFG…

cwdecoder を試してみた ~その2~

お約束通り(?)に、和文が解読できるようにスケッチを修正しました。 ただ単に和文を追加しただけでは何も芸がないので、タクトスイッチを取り付けて、欧文と和文が切り替えられるようにしました。 欧文モード 起動時は「欧文モード」で立ち上がり、LCD ボ…

SoftBank光