JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

和文電信を解読(文字に)する

先日アップした「子供向けニュース」の和文電信ですが。

ハム(アマチュア無線)という趣味を知らない何人かの方から「このピーピーと聞こえる音に何か意味はあるのか・・・」というような、ご質問をいただいたので、本日は拙作のモールス解読器(デコーダ)を使って、「子ども向けニュース」の和文電信を解読してみました。

■ ■ ■

モールスの音に合わせてひと符号ずつ文字に変換する様子を眺めることで、何となくかも分かりませんが、「モールスってこういうものなんだ!」ってことだけは伝わってくれるんじゃないかと、記事にしてみました。

それでは早速このブログから聞こえるピーピー音を文字してみます。

まず、拙作のモールス解読ソフト cw_mania_decoder をダウンロードしてください。
(当ブログの ”ソフトウェア情報” 、cw mania decoder v.0.03b が、これに該当します。)

これ作ったの、5年前かぁ。月日が流れるって早いなぁ~。
 

ブログの再生ボタンを押してスピーカから聞こえるモールスを、このソフトを使って解読します。

Windows のサウンド設定を録音にして、スピーカから聞こえるモールス音をマイクで拾って解読するのもいいんですが、マイクの準備が案外面倒だったりするので、本日はマイクを使わずにパソコンから聞こえるモールス音をダイレクトにソフトに入力して解読させてみました。

〇 前準備
Windows のサウンドコントロールの録音を「ステレオミキサー」に設定します。

この「サウンド」の設定で、「ステレオミキサー」を選択することで直接マイクを繋いで音を取り込む必要はなくなります。

〇 「ステレオミキサー」の項目が見えない場合

画面の適当なところで右クリックして、プロパティを表示。
そして、「切断されているデバイスの表示」をチェックすると「ステレオミキサー」が見えると思いますが、もし、これでも見えなかったりしたら、残念ながらドライバーから入れ直す必要があります。
 

サウンドの録音を、この「ステレオミキサー」に設定できれば、あとは解読ソフトを起動するだけです。

<cw mania decoder の設定>

  • 周波数:680Hz
  • 欧文・和文の切り替え:和文

和文電信で聞く「子供向けニュース」~6~ から、20wpm、700Hz の方を選択して再生します。


この 20wpm(モールスの速度)の方なら、ほぼ 100% で解読してくれると思います。
ちなみに、もうひとつの 25wpm 方ですが、わたしの環境では誤読が多くてイマイチでした。

マイクから入れた時は 25wpm でもいけたのですが・・・
まぁ人間の耳ならしっかり聞き取れる速さなので、キカイの解読より人間の方が優れてるってことで。

ということで・・・

モールスを聞き分けるって、まぁこんな感じなんですよ・・・
ハムの人達って、このピーピーって聞こえる音を、ひと文字ずつ頭の中で変換して、そして会話を楽しんでいる、そんな集団なんだってことが、分かっていただけたら幸いです。