JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

導通チェッカ

電子工作でやる、導通チェック。
これ、ハンダ付け作業でイチバンやってますよね。

配線は確実に繋がってるの?
隣のランドとショートしてない?
スイッチのオン側ってどっちの端子だっけ?
このごちゃっとした配線の中の、この一本ってどれ?
電源ラインは正しく繋がってる?・・・などなど。

こういう時にお世話になるのがテスターの基本機能の、導通チェック。
ちょっとした工作も含めて、イチバン使ってるのがこのチェック機能だと思います。

ということで、今日の話題は、この導通チェックです。

さてさて、この導通チェック。
今どきはデジタルテスターが主流で、ブザーの鳴動によってその導通の有無を確認してると思います。

で、このブザー音ですが。
付属のプローブ先端の品質にもよるんですが、かすれた、接触が悪いような音でイマイチだったりしますよね。

しかも応答速度も悪いので、音が鳴るまでにちょっと間が空いたり。。。
テンポよく、ピッ、ピッ、ピッって、端子チェックができないことに、ストレスを感じちゃいます。

まぁ、アナログテスターを使って針の動きを見るのも、いいといえばいいんだけど、チェックしてる時に視線を変えるのは、やっぱイマイチで。。。

という、電子工作あるあるを、少しでも改善できやしないかと、ググってみました。
そうして見つけたのが、”Low Power Continuity Tester” なる記事で、ひとたび見つけちゃったらいてもたってもいられずに、早速作ってみました。

hackaday.io
 

詳しいことはこのサイトの記事を見ていただくことにして、使うパーツも少なかったりするので、仕事から帰って早々に、ブレッドボードにサクッと組み上げ、動作確認してみました。  

f:id:JH1LHV:20200331203716j:plain

記事中の回路では PIC の書き込みは ICSP でやるようになってたんですが、PICkit4 で直接書き込む私は、まずは回路図から余計なところを削ってシンプルに書き変えるところから始めました。
 

f:id:JH1LHV:20200331204424j:plain
使用するパーツはこれだけです。
Low Power Continuity Tester の開発者は PIC12LF1571 を使ってますが、わたしは秋月電子でも取り扱いがある PIC12F1572 に変更して試してみることにしました。 

ちなみに、GitHub にアップされているソースをそのままコンパイルしてできた HEX ファイルは、PICkit4 で正常に書き込むことができました。

今回の工作でイチバン面倒だったのが PIC へのプログラム書き込み作業で、最初からコンパイル済みの HEX ファイルがアップされてれば、ただ焼くだけなので超楽チンだったんですが、久々のコンパイルで、ちょっと手間取ってしまいました。

f:id:JH1LHV:20200329141142j:plain
ということで、ブレッドボードに組み上げ動作チェックです。

 
使い方は簡単で、プローブに触れれば動作します。
モードは3つで、SW の押下で変更します。

  • 導通テストモード(導通ありでブザー)
  • 逆導通テストモード(導通なしでブザー)
  • ダイオードテストモード(順方向電圧で短いブザー、短絡で連続ブザー)

いずれも、一発で動作確認できました。

イチバン肝心の応答速度ですが・・・何度か試験してみましたが、ブザー音がかすれることはなかったし、まぁ応答速度も早いんじゃないかと。

近日中に、このブレッドボードから小さな基板にハンダ付けし直して、ちゃんとしたケースに収めてみようかと思います。

ということで、もう何度かは、この「導通チェッカ」の記事は続くことになりますが、どうぞよろしくです。

それじゃ、またね。

 

和文電信で聞く「子ども向けニュース」~6~

子ども向けニュースを和文電信でお楽しみください。
和文電信好きのブログだというのに、実に3カ月ぶりのモールス音源のアップです。

〇 20wpm、700Hz
 東京都「ウイルスが広がりそうなので土曜と日曜は家にいて」


〇 25wpm、700Hz
 新しいコロナウイルスがうつった人「味と匂がわからない」

 

ソース:NHK NEWS WEB EASY
外国人や小中学生に向けた、わかりやすい言葉でかかれたニュースです。

 

こういう子供向けのニュースサイトに掲載されている文章はわかりやすく優しい言葉で綴られてるので、モールスにしても、なかなかイイ感じに聞くこと(読むこと)ができます。 

短い音の短点と、少し長い音の長点から構成される、モールス符号。
アルファベットと数字とイロハ・・・。
ひと通り覚えるまでは、ちょっと苦労はするけど。
一度覚えちゃえば、子どものころに体で覚えた自転車と同じで、もう生涯忘れることはありません。

それとモールスって、なにも音だけじゃないんですよ。
点と線を紙に書いても、しっかり相手に伝えることができるんです。

ーーーー --- ・-・・ ・・・ -・・-・
ーー ・-・- --・-・ ・・・-
ーー・-- --・ ・-・・ ・・ ・・-・・ ・・-

1円玉を短点に、10円玉を長点にして、お金を並べても、いけますね。
短点と長点をなにかに割り当てるだけなので、身近なところで夜間の懐中電灯の点滅なんかも使えます。

ドリカムの「ブレーキランプを5回点滅、アイシテルのサイン・・・」てきな。

モールスさえ知ってれば、電車や職場などの話ができない場所でも、ひっそりと秘密の会話が楽しめる。
これも、モールスの魅力のひとつなんだよね。

・・・と、こんなに実用的な(?)モールス。
今日から、今から・・・さあ、皆んで Let's try!

 

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その50~ (Mega2560 Pro Mini ボード)

Arduino USB Host Shield で USB キーボードを使う試み。

この K1NG の CW Keyer は、PS/2 キーボードが使える仕様になってますが、かなりのクセありで、使えるキーボードがとても少ないのが難点です。

ということで、マイコンボードも mega2560 になったことだし、メモリ容量も気にすることもなくなったので、Arduino Uno のシールドの USB Host Shield でも使ってみようかと、いろいろやってみました。

最初に結論から。

mega2560 と USB Host Shield のインターフェースは SPI 通信なんですが、すでにこの端子は送信機の CW ジャックの接続で使われているため、このままでは動作しません。

SPI (SS、MOSI、MISO、CLK)で使う、D10 ~ D13 を空ける必要があります。

f:id:JH1LHV:20200322171147j:plain
https://radioartisan.files.wordpress.com/2011/03/k3ng-keyer-schematic-2012052101.png

K1NG の回路では、SPI 端子を送信機の接続に割り当てています。

f:id:JH1LHV:20200322172456j:plain

わたしの回路でも、K1NG と同じ D11(MOSI)、D12(MISO)を送信機へ接続しているので、USB Host Shield を使うためには、この D11 と D12 を解放させる必要があります。

Mega2560 Pro Mini ボードで、USB Host Shield は使えるか?

そもそも、mega2560 で USB Host Shield は使えるのか、検証です。
さて、USB キーボードは使えるのでしょうか。

Arduino Uno の SPI は、D10(SS)、D11(MOSI)、D12(MISO)、D13(CK)を使いますが、mega2560 では、ここに SPI 信号は出てないので、SPI と D11~D13 でジャンパする必要があります。
 

f:id:JH1LHV:20200322170544j:plain
手持ちの3種の USB Host Shield で試してみました。

f:id:JH1LHV:20200322175624j:plain
Mega2560 Pro Mini ボードに、USB Host Shield を重ねます。

f:id:JH1LHV:20200322180015j:plain

f:id:JH1LHV:20200322180426j:plain
mega2560 は、四角で囲んだ専用の SPI と、丸で囲んだ D50 ~ D52 と、2カ所に SPI は出てることになってるんですが、専用 SPI の方じゃないとダメでした。 
 

f:id:JH1LHV:20200322130347j:plain
mega2560 の SPI に L型のピンヘッダを付けちゃったので、USB Host Shield とジャンパ線で接続しました。

SPI の通信は D50 ~ D52 を使えばいいと思い、基板も作ったんですが・・・
この端子じゃダメだったとは・・・
確認するまで、けっこうハマりました。。。 

USB キーボードの接続試験では、ここのスケッチを使いました。

f:id:JH1LHV:20200322182056j:plain
ちゃんと動作することを確認しました。

f:id:JH1LHV:20200322132732j:plain

f:id:JH1LHV:20200322183039j:plain
GAOHOU Mini USB Host Shield は・・・ダメでした。

オシロで確認したところ、最初のクロックも出てないので、物理的に壊れているのか、それともただの使い方の問題なのか・・・
今、 AliExpress に2個ほど注文してるので、着いたら再チャレンジしてみたいと思います。

ちなみに、大きい方の2つは、どちらも動作 OK でした。

ということで、USB キーボードが使えるように、CW Keyer メイン基板の IO 割り当てを見直して、新たに基板を発注したいと思います。

あ~ぁ、こういうことばっかりして・・・・連休が終わっちゃいました。。。トホホ。

 

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その49~ (Mega2560 Pro Mini ボード)

前回の製作ミスを修正。
外部電源用の三端子レギュレータを 5V(取付けミス)から 8V のものに変更しただけです。

f:id:JH1LHV:20200319135538j:plain

7805 → 7808 に変更。

前回の製作で誤って取り付けてしまった TO-252 パッケージのレギュレータIC 7805 を取り外して、新たに同形状の 7808 を取り付けました。

こういう3点でハンダが盛ってあるような表面実装パーツの取り外しは、ホットエアガンを使うと簡単です。

f:id:JH1LHV:20200319161443j:plain

ハンダ吸取り線でちまちま吸い取ってたりすると、なかなか外れてくれないし、最悪、こねくり過ぎて大事なパターンが剥がれたりと・・・最後には泣きを見ることになるので、ここは素直にホットエアガンを使った熱風攻撃するのがイチバンです。 
 

f:id:JH1LHV:20200319160230j:plain

(SMD パーツの取り外し方)

  1. 耐熱テープで保護
    取り外す 7805 の周辺を耐熱テープを使って保護します。
  2. フラックスを塗布
    3カ所のハンダ部分にフラックスをたっぷりと塗ります。
  3. ホットエアガンで熱風を当てる
    温度を 370℃ 程度に設定して、ハンダの色が光沢のある銀色になるまで熱風を当てる。
  4. パーツを取り外す
    ハンダが完全に溶けたところで、ピンセットを使って摘まみだします。


f:id:JH1LHV:20200319165223j:plain
パーツを取り外した直後。
残った残骸ハンダは、吸取り線でキレイにします。

f:id:JH1LHV:20200319201639j:plain
ランドに再度フラックスを塗って、交換パーツの 7808 を取り付けます。
最後に、基板に残ったフラックスを、フラッククリーナでキレイに洗い流して終了です。
 

f:id:JH1LHV:20200318211806j:plain
前回のミスは、Mega2560 Pro Mini の Vin 端子に 7~12V の電圧が必要なところに、7805 で5V しか加えなかったこと。

マイコンボードの +5V 端子に 3.7V しか出なかったので LCD が駆動不足に陥り、うす暗くしか点灯しなくて・・・それでミスしたことに気づきました。。。トホホ。

で、今回 7808 に交換して 8V 入力に修正したので、LCD も本来の明るさを取り戻して、はい、このとおり正常に戻ってくれました。

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その48~ (Mega2560 Pro Mini ボード)

Mega2560 Pro Mini ボードを載せた Arduino 互換ボード、本日組み立ててみました。
ということで、作業の途中でちょこちょこ写真を撮ったので、それをアップしておきたいと思います。

f:id:JH1LHV:20200315162927j:plain
Arduino Uno のピン配列に互換を持たせたことと、外部電源が使えるようにしただけなので、必要なパーツはこんなに少なくシンプルです。

ハンダ付け作業を行う前に、こうしてパーツを揃えておくと、あとの作業はスムーズに行えます。

f:id:JH1LHV:20200315163331j:plain
一発で動くかどうか分からないので、丸ピン IC ソケットで、取り外しができるようにしました。
ソケットは、ひっくり返したときにズレないように、耐熱テープを使って固定してからハンダします。

f:id:JH1LHV:20200315164742j:plain
今回の CW Keyer で使わないピンのところには、丸ピン IC ソケットは付けませんでした。
ピンソケットも同じように、耐熱テープで固定してからハンダ付けします。

f:id:JH1LHV:20200315165512j:plain
Mega2560 Pro Mini 本体へのピンの取り付けでは、ハンダ付け後にピンがズレないようにブレッドボードで固定してからハンダ付けします。

f:id:JH1LHV:20200315165709j:plain
Mega2560 Pro Mini ボードのピン位置は、2.54mm ピッチの整数倍じゃないので、ブレッドボードに全ピンを挿してハンダ付けはできないので、片側ずつ行います。
ハンダ付けしない片方の下に、使わないピンソケットを敷くと、ちょっどイイ感じに水平がとれて固定することができます。

f:id:JH1LHV:20200315170659j:plain
反対側も同じように水平をとりながら、耐熱テープで固定します。

f:id:JH1LHV:20200315171009j:plain
こんな感じです。
この Mega2560 Pro Mini ボードはピン数が多いこともあって、ハンダ付けでちょっとでも傾いたりしたら、後になってソケットに挿せなかったり、最悪、ピンが折れたりします。
このピン付けだけは細心の注意を払いながら行う必要があります。

f:id:JH1LHV:20200315171441j:plain
すべてのハンダ付けが終了です。
パーツが少ないので、あっという間に終わります。
ちなみに、電解コンデンサは、背の低いルビコンを使ってます。(100uF MH510uF MH7

<あとになってミスに気づきました。。。トホホ。。。>
Mega2560 Pro Mini ボードの Vin 端子は、7~12V の入力が必要で、わたしは思い込みのまま、5V の三端子レギュレーターを付けてしまいました。

f:id:JH1LHV:20200315172044j:plain

このままでは、外部電源を使ったときにパワー不足になります。
今、手持ちパーツはないので何もできませんが、その内、8V のレギュレータに交換したいと思います。

f:id:JH1LHV:20200315173414j:plain
今回取り付けた丸ピンソケットに、Mega2560 Pro Mini ボードがちゃんと挿せました。
KiCad のフットプリントが自作だったりするので、ピッタリ合ってくれるか、とっても心配してました。

f:id:JH1LHV:20200315174241j:plain
Mega2560 Pro Mini ボードを基板に直付けしなかったこともあって、ピンソケットよりちょっとだけ高くなってしまいました。(想定済みではありますが。)

f:id:JH1LHV:20200315174859j:plain
AVR の ATmega1284 は、ファームを書き込む必要があったりと、少々扱いが面倒なんですが、今回のこのボードは最初からArduino IDE で開発できるので、やっぱ楽チンですよね。 

f:id:JH1LHV:20200315175309j:plain
ピンソケットを2段に重ねてゲタを履かせるにしても、この間の余った分が気持ち悪い。。。
 

f:id:JH1LHV:20200315175724j:plain
ピン足を半分に切断して、挿した時にピッタリ合うようにします。 

f:id:JH1LHV:20200315175858j:plain
ピン足を半部にすることで、接合部分はこのようにピッタリ合います。
ピンソケットの高さにバリエーションがあればいいんだけど・・・そんなの、売ってないよね。

f:id:JH1LHV:20200315180203j:plain
とりあえず、スペーサで足を付けときます。

f:id:JH1LHV:20200315180257j:plain
こんな感じ。

f:id:JH1LHV:20200315180440j:plain
最後に、今回組み立てた Arduino 互換ボードに、これまで使っていた CW Keyer ボードを挿し込んで、終了となります。

f:id:JH1LHV:20200315180808j:plain
横から見ると、こんな感じです。

f:id:JH1LHV:20200315181015j:plain
パソコンの USB に接続。
今回作ったボード上の電源 LED が赤に点灯。
Arduino IDE で、 K3NG Arduino CW Keyer のスケッチを書き込み。(エラー無し)
スケッチ書き込み後、プログラムは自動で起動。
HI のモールス音と共に、LCD に "K3NG Arduino CW Keyer" と表示。

今日のところは、ここまでです。(正常に動作しました。)

ということで、思い付きで撮った写真ばかりですが、今日やった作業はこんな感じです。

パーツ集めからハンダ付け、最後の HI のモールス確認よりも、このブログを書いてる時間の方がかかってしまいました。。。

 

トランジスタ技術 2020年4月号

今日は定期購読してるトラ技(トランジスタ技術)の発売日。
雨っぷりでどんよりしてるし、書店へ向かう足取りも重かったんですが・・・
CQ出版社(公式)のツイッターの書き込み見たら、今日中にページが捲りたくなっちゃって。
もうじっとしていられず、仕事は定時で終わらせて、混んでるバスに揺られること20分、隣町まで行ってきました。

(特集)
世界トップ企業の電子回路基本セミナDVD

f:id:JH1LHV:20200310203002j:plain

2020年4月号 ← 目次はこちら

 

f:id:JH1LHV:20200310203841j:plain

DVD2枚は、ポケットリーフを使って本の中にとじ込んであるんですが、DVD 取り出し口が剥がせるテープになっているので、ベタベタにならずキレイに剥がせました。
こういう細かな心遣いは、嬉しいですね。
これからも是非とも、この剥がせるテープを使っていただきたいと、切に願っております。  

で、いつも通りに付録 DVD は、ライティングソフトの ImgBurn でイメージファイルにします。

f:id:JH1LHV:20200310205839j:plain

付録 DVD を見たいとき・・・
DVD 探して、それをパソコンのトレイに差し込んで・・・
「う~こんなこと、面倒くせぇ~、もういっかぁ~」ってなったら・・・それは悲しいですから。

まず、トラ技を買ってきて最初にやること。
それは、この DVD からイメージファイルを作ることなんです。

これさえやっておけば、後は YouTube でも観る感覚で、お気軽に動画学習が可能になります。
イメージ作成、これ、ゼッタイにお勧めです。 

f:id:JH1LHV:20200310214016j:plain

f:id:JH1LHV:20200310214703j:plain

DVD 内の index2004_1.html & index2004_2.html を表示
1個の動画の長さは数分程度で、長いものでも10分くらいです。

f:id:JH1LHV:20200310210950j:plain

インダクタの説明動画をキャプチャしてみました。
 
YouTube の動画学習に慣れてたりするので、こういう動画が収録された付録 DVD は大歓迎です。

一般的には難しいとされる電子回路ではありますが。
ホント、肩の力を抜いて、そして気軽に、その基本を学ぶことができます。
1冊、千円ちょっとではありますが、一杯飲むのを我慢して、ご購入されてみては如何でしょうか。

好奇心を満たせる価格としては、随分と格安じゃないかと思います。

 

ドライバーなどの工具の先端を着磁や脱磁させることができる、マグネタイザー

経年変化でドライバーなどの先端の磁力が弱まってしまった際に使用する、修復ツールの紹介です。

どこのご家庭にも必ず1セットは常備してるであろう、ドライバーセット

f:id:JH1LHV:20200308123011j:plain

長く使ってると、ドライバー先端の磁化も弱まってしまい、小ネジすらも持ち上げられなくなってしまいます。

f:id:JH1LHV:20200308124137j:plain

ホームセンターで売ってるドライバセットも、買ってきた当初は結構大きめなネジでもしっかり離さず持ち上げてくれますが、しばらくたつと磁力は弱まるので、途中でねじは落下してしまいます。

残念ながら、ドライバーの先端に着磁された磁力は、経年変化で弱まってしまうのです。

マグネタイザーという商品名のツール

このマグネタイザーという商品を使うことで、ドライバーやラジペン、ピンセットなど、金属でできた先端を、着磁(磁化させる)や消磁(磁化を取る)させることができます。

 

トネ(TONE) マグネタイザー MGT1 レッド
@600 程度で購入できます。

使い方は簡単です。
ドライバーの先端を何度か出し入れすることで着磁や消磁することができます。

f:id:JH1LHV:20200308130234j:plain

f:id:JH1LHV:20200308130317j:plain

(+)と書かれた穴の方で出し入れすると、着磁。
(ー)と書かれた穴の方なら、脱磁。

擦るほど、出し入れするほどに、磁化は強くなったり(限界はあります)、脱磁ができます。

f:id:JH1LHV:20200308132801j:plain
ES121(ペン型電動スクリュードライバー)のようなドライバーセットには、こういう小さなツールは付属してきますが、マグネタイザーほど強力に着磁することはできないので、やはりここはちゃんとした、専用ツールはあった方がいいと思います。

f:id:JH1LHV:20200308131000j:plain

f:id:JH1LHV:20200308131326j:plain

5,6回出し入れしただけで、M3×14mm ネジがこんなにくっ付いてくるほどに、着磁できました。
 
パソコン関連、玩具の修理のネジの開閉など・・・
狭い隙間にあるネジの開閉には絶対に着磁は必要なので、ひとつ持っていてもいいと思います。

ピンセットの磁化を脱磁する

先日、電子工作でチップ部品を使ったんですが、そのときピンセットを脱磁したんですが、こういう着磁や脱磁ができる商品があることを知らない人もいるんじゃないかと思い、記事にしました。

f:id:JH1LHV:20200308132329j:plain

チップ部品をピンセットでつまんだら、何個かくっ付いてきたり・・・
チップ部品を基板に置いたら、磁化されたピンセットの先端のせいで、ズレるしで。。。
 

f:id:JH1LHV:20200308132650j:plain

しっかり、そしてカンペキに脱磁してやりました。

ドライバなど、ネジの開閉で使う工具は、着磁が必要ですが、
ピンセットやラジオペンチのように部品をつまみ運ぶための工具は、脱磁が必要になると思います。

ということで、工作の目的に応じて、いつでも着磁や脱磁が手早く行えるように、工具箱の片隅にでも、おひとつ入れておくのも一考ではないでしょうか。