JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

マイコンの技適に朗報? ~その後~

先日書いた「マイコンの技適に朗報?」ですが、いよいよ来週の20日から制度が開始するようです。

IT media NEWS の記事によれば、 

申請用の書類は、「20日の施行までには総務省のWebサイトに公開する」(山内課長補佐)

と、書いてあるので、来週早々には公開されると思うので、それまで同省のウェブサイトを注視しておきたいと思います。
 

www.itmedia.co.jp


過去においても、この技適については、空き缶使ってみたり、電波遮断ポーチ使ってみたりと、まぁ、いろんなことしてジタバタしました。

それも、もう過去のことで、180日の期限付きではありますが、もうこんなことまでする必要がないと思うと、ホント嬉しくて小躍り状態です。

www.jh1lhv.tokyo

www.jh1lhv.tokyo


あとは総務省のウェブに公開される申請のやり方を待って、情報がアップされたら速攻で申請してみようと思います。

趣味でやってる電子工作ですから、ひとつの遊びというか実験なんて180 日もあれば十分だし、マイコン変われば実験する項目も変わるので、FCC(米国の認証マーク)が付いてる中華マイコンを次から次と、とっかえひっかえ申請するだけですから、これで技適なしで使えるんだから、こんな申請くらいは、なんも苦になりませんからね。

・・・とはいっても、国内で技適なしを使う以上は、ある一定の責任は伴いますのでお間違いなきようお願いします。それと、廃止の際には廃止届も必要になるようです。それと、総務省から詳細が発表されたら、しっかりルールを読み解き、誤解されない運用に努める必要もありますので、くれぐれも勘違いなさらぬよう、ご注意ください。

来年の3月の本運用になれば、すべての手続きがウェブで行えるようですし、世界的に見たら遅すぎる制度改革だと思っておりますが、メイカ―達に大きな夢と希望を与えてくれる、それこそ大きな一歩だと思います。

我が家に眠る、中華マイコンの積みボード達よ。
やっと目覚めるときが来たぞ。  ・・・ホント、捨てなくて良かったよ。

この数日、体調不良で寝込んでました。。。が、抗生剤のおかげで、すっかり元気を取り戻すことができました。
息さえしてれば、必ず明日が来るってことを実感しました。

 

来年こそ行ってみたい、Maker Faire Shenzhen

やっぱり、秋の夜長は読書なんでしょうか。

夕間暮れに本屋行ったら・・・
街の暗さと肌寒さのせいか知らないですが、諭吉君1枚に少しのおつり分だけ、平積み本含めて6冊も買いこんでしまいました。。。

f:id:JH1LHV:20191110193243j:plain
電子工作系はこの2冊。
トラ技にあっては先月号もまともに読んでないのに、もう12月号がでてるし。
先月号のトラ技の特集は RISC-V で、今月も RISC-V。
インターフェースの特集も RISC-V だったりするし、ん~~、なんかジワジワと、なんらかの方向に誘導されてるみたい。。。

 

■ ■ ■

 

で、話は変わって、昨日今日で中国の深圳で Maker Faire をやってたみたいで。
わたしは、ツイッターのハッシュタグのタイムラインだけで行った気になってるんですが。。。
まぁ、それでも会場の熱気や情報は、画像や動画からも十分に伝わってくるんで、結構楽しんでます。

www.shenzhenmakerfaire.com

 

www.youtube.com

#MakerFaireShenzhen2019 hashtag on Twitter

#MFSZ2019 hashtag on Twitter

#MFSZ19 hashtag on Twitter


ツイッターのタイムライン、サラッとでいいので見ていただければ、来年の Maker Faire Tokyo に行きたくなると思います。

仕事リタイヤしたらなんだけど、海外のイベントなんかも、あちこち見て回りたいなぁ~。
それまで、健康でいないとね。

 

エアコン制御 ~4~

寒くなってきたので、遠隔(スマホ)でエアコンの暖房がオンできるように修正しました。

f:id:JH1LHV:20191108224906j:plain
リモコン学習。
リモコンの暖房ボタンをオンした時に送信される赤外線データを、Raspberry Pi の GPIO18 に接続された受信モジュールで受けて、そのリモコンデータを codes ファイルに書き込みます。

f:id:JH1LHV:20191108224920j:plain
codes ファイル。
cool:on は、冷房オン時の学習データ。
hot:on は、今回追加した、暖房オン時の学習データ。

f:id:JH1LHV:20191108230317j:plain


今日やったことは、ただこれだけのことです。
これで、暖かくなった部屋に帰ることができるようになりました。

 

マスキングテープ(高耐熱テープ)

電子工作のハンダ付けでお世話になることが多い、マスキングテープ。

表面実装な PCB からパーツをリワークする時や、パーツの仮固定で使う、
高耐熱で電気的に絶縁な、マスキングテープ。

Amazon で驚くほどコスパがいい、テープ幅が異なる4種入りパックを見つけたので買ってみました。

f:id:JH1LHV:20191106201303j:plain

ELEGOO 高温テープ 4パック ポリイミド高温テープ マルチサイジングバリュー 接着剤
650円(送料無料)

リワークの高温に耐えられる耐熱テープとして、「ポリイミド」や「ガラスクロス」といった、電気的に絶縁素材を使用するのが一般的です。

で、今回購入したのは「ポリイミド」タイプで、スペック的には 260°C 耐熱。
ハンダの融点を考えても、長時間の熱風攻撃は避けた方がいいかもしれませんね。
(とはいっても、ポリイミドテープの耐熱って、基本的には 260°~280° なんだよね。)
 

f:id:JH1LHV:20191106194516j:plain

直径10cm のテープ。
3ミリ幅、6.4ミリ幅、13ミリ幅、26ミリ幅の4種で、1本当たりの長さは 33メートル。

持ってるマスキングテープが幅広1本だけだったりすると、いちいちリワーク対象に合わせてカットしたり、調整が必要だったりするので、その手間を考えてもこの4種入りのテープ、ひと箱持ってるだけで何かと重宝するんじゃないかと思います。

それになにより凄いのはこの驚異的な価格で、この種の耐熱テープを取り扱う専門店に比べて、10分の1とかと安価なので・・・な~んも気にせずに、基板やパーツをぐるぐる巻きに養生するとか、もうジャブジャブ使えたりするので、精神衛生上もとっても魅力的なテープだと思います。

それと粘着力ですが、こちらについても十分で、一時的なパーツの固定や、リワーク終了後にすぐ剥がすだけなら、何ら問題なく使えます。

 

(参考資料)

BGA実装マニュアル(EPSON)

f:id:JH1LHV:20191106205259j:plain

 

リワーク作業におけるベストヒーティング

基板実装されたチップ積層セラミックコンデンサを手作業でリペア/リワーク(交換、取り外し⇒取り付け)しても問題ないでしょうか?その際の注意点はありますか? | 村田製作所

f:id:JH1LHV:20191106210039j:plain

 

(参考画像) 

f:id:JH1LHV:20191106210345j:plain
https://www.thorlabs.co.jp/newgrouppage9.cfm?objectgroup_id=4205

f:id:JH1LHV:20191106210401j:plain

f:id:JH1LHV:20191106210900j:plain

f:id:JH1LHV:20191106211014j:plain
https://revesztech.hu/kapton-szalag-hoallo-szalag-10mmx33m


ultrakeet.com.au

 

NanoVNA のケースを作ってみた

今流行りの NanoVNA のケースを3Dプリンタで作ってみました。
やったことは、Thingiverse で STL データをダウンロードして、ただ、印刷しただけですが。。。

f:id:JH1LHV:20191103165225j:plain
ストラップが付けられるので、外でのアンテナ調整も安心です!

”NanoVNA” で検索したら幾つか見つかりましたが、その中でイチバンよさげなやつを選びました。 

f:id:JH1LHV:20191103165850j:plain

www.thingiverse.com

f:id:JH1LHV:20191103172241j:plain
STL データには幾つかのバリエーションがあります。
わたしの NanoVNA は白タイプ(止めネジの頭が出ている)なので、この STL データを選んで印刷しました。(黒タイプなら、フロント側は clearance がいいと思います。)

f:id:JH1LHV:20191103161244j:plain
印刷所要時間は、2つで2時間くらいです。

f:id:JH1LHV:20191103172123j:plain
フロント(画面側)から取り付けるのが簡単です。

f:id:JH1LHV:20191103164525j:plain
f:id:JH1LHV:20191103164650j:plain
f:id:JH1LHV:20191103164901j:plain
こんな感じになります。

ファームウェアのアップデートは、裏面のケースを外して端子をショートして・・・と、少し面倒にはなりますが、なかなかイイ感じじゃないですかね。

 

---------- 資料 ----------

少し前のファームバージョン(メニューに "CONFIG" がない)のメニューツリー

http://ormpoa.altervista.org/Hnano.htm

 

マイコンの技適に朗報?

早ければ来年の春からですが、技術基準適合証明等(技適)の特例制度が導入されるようです。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000649124.pdf

総務省は、第198回国会(常会)に「電波法の一部を改正する法律案」を提出しました。
そして、この法案の中には、技適が未取得の機器でも一定の条件下で、届出だけで試験ができるという、特例制度も含まれています。 

電波法に定める技術基準に相当する技術基準(国際的な標準規格)を満たす等の一定の条件の下、技術基準適合証明等(技適)を取得しなくても、届出により、最長180日間、Wi-Fi等を用いて新サービスの実験等を行うことができるようにする。 


個人でも届け出はできるみたいだけど・・・
趣味の電子工作で使うために、海外から買ったマイコン(FCC マーク付き)を実験するする場合も含まれるかは、今日現在、しっかり確認できてません。悪しからず。。。


f:id:JH1LHV:20191101213913j:plain

f:id:JH1LHV:20191101214422j:plain

f:id:JH1LHV:20191101214456j:plain

f:id:JH1LHV:20191101214515j:plain

(「電波法施行規則等の一部を改正する省令案 (令和元年10月8日 諮問第23号)」から一部抜粋) 

 

ザックリまとめると

  • 手数料なしで、法人・個人いずれも届け出可能。
  • 日本ですでに定められて利用されている周波数帯であること。
  • 技適相当の技術基準を満たしていること。
      → FCC マーク、CE マークなどが付されていることを確認する。
  • 最長180日(単純再延長不可。ただし別目的なら再届出可。)
  • 今月下旬から先行運用(書面届出)、来年3月から本格運用(web 届出)


個人が趣味の工作のため、海外から FCC マーク付きの Wi-Fi マイコンを購入し、最大180日まで試験ができる(実験の目的変更で再度届け出可能)、こういう解釈でいいのでしょうか。

そして、実験が上手くいって、180日を超えて継続使用したい時に改めて技適の申請をするとか、もしくは国内の技適付きの機器を購入する、こういう考えで大丈夫なのでしょうか。

この特例制度が、趣味の電子工作の世界でも運用ができたとしたら、諸外国並みに迅速に、そして新しいテクノロジーを使った様々な実験が試せるようになります。

ということで、総務省から発出されるパブコメに敏感に、これからの動向に注視していきたいと思います。

(総務省の知人に直接確認してみようかと・・・そんなことを考えてみたり。。。)

 

技術基準適合証明等(技適)とは?

技適f:id:JH1LHV:20191101215239j:plainは、日本国内の電波環境を守るために電波法で設けられている制度です。
Wi-Fi や Bluetooth、LTE などの無線機器は、原則として電波法に基づいた申請を行い、この技適を取得し、「技適マーク」を表示する必要があります。

 

M5Stack ユーザーミーティング vol.6 に行ってきた

今日も仕事帰りに六本木です。
夜7時から M5Stack のユーザーミーティングをやってたので行ってきました。

m5stack.connpass.com

www.youtube.com

どんな内容だったかは、上のリンク先と YouTube の動画をご覧ください。

f:id:JH1LHV:20191030235831j:plain

イベントの途中でスポンサー提供の M5Stack 本や M5StickC を争奪するじゃんけん大会があったんですが、ほぼほぼ1回戦で敗退で、我ながら勝負運のなさに呆れかえりました。トホホ。。。

リアルな情報は、ハッシュタグ(#m5stack_ugjp)を追っていただければ、いろんなことが伝わると思います。

参加者の皆さん、お疲れさまでした。