JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

電鍵やパドルを Wi-Fi でリモートする ~3~

ESP マイコン使う試み。

ESP マイコンには ESP32-WROOM-32 と、ESP-WROOM-02  などの・・・いくつかの種類があります。

  • ESP32-WROOM-32 は、WiFi と Bluetooth(BLE)のどちらも使用可能です。
  • ESP-WROOM-02 は、マイコンに ESP8266EX を搭載し、WiFi だけが使用可能です。

で、今日はこの2種類のマイコンで、パドルの遠隔操作を実験してみようと思います。

 

ESP32-WROOM-32 

ESP32 マイコンといっても、ただのモジュールなので、プログラムを書き込んだり実行したりするためには、シリアル通信ができるモジュール(USB/TTLシリアルコンバーター)を別途用意し接続する必要があります。

f:id:JH1LHV:20200523164838j:plain


まず、テストボードで動作確認していきます。

f:id:JH1LHV:20200529141721j:plain

ESP32 モジュールをピッチ変換基板に取り付けるところからスタートです。
手ハンダでやります。

f:id:JH1LHV:20200529141852j:plain

ESP32 モジュールの足と基板のピンをピッタリ合わせて、マスキングテープでしっかり止めます。

f:id:JH1LHV:20200529141934j:plain

ハンダ付けのポイントは、フラックスをたっぷり塗りたぐること。

f:id:JH1LHV:20200529142143j:plain

ハンダは少量。
こて先を一気に左から右へ・・・うす~く、ハンダを伸ばして取り付けます。
テープを貼り替えて、この作業を3カ所で行います。

f:id:JH1LHV:20200529143026j:plain

真っ白い基板もフラックでこんなに黄ばんでしまうので、フラックスクリーナーでキレイに洗い流します。

f:id:JH1LHV:20200529143546j:plain

はい、キレイになりました。

随分前に ESP32 は使ったことがあったんですが、もう何年も前のことで。
接続はどうするんだったかすっかり忘れてるので、ドキュメントを参考に接続です。

ESP32-WROOM-32 ドキュメント

f:id:JH1LHV:20200529134538j:plain

f:id:JH1LHV:20200529134603j:plain

f:id:JH1LHV:20200529134632j:plain

EN → High
RXD0 → Serial Board TXD
TXD0 → Serial Board RXD
GPIO00 → プログラム書き込み時 Low、実行時 High
GPIO02 → プログラム書き込み時 Low

結構配線がめんどい。
ネット情報もいいけど、まずは公式ドキュメントを見るのが一番の早道です。

f:id:JH1LHV:20200529144900j:plain


ハンダ付けついでに、もう一枚の基板にも ESP32 を付けて実験してみます。 

f:id:JH1LHV:20200529140643j:plain

これ、随分前に買った「ESP32-Bit 開発ボード」なんですが。
この基板にも ESP32 を取り付けて、パドルの遠隔操作プログラムが動くか試してみます。
こちらの取付けも、手ハンダでやります。

f:id:JH1LHV:20200529141255j:plain

ピン位置を合わせて、マスキングテープで止めます。

f:id:JH1LHV:20200529145438j:plain

ハンダ付け終了後のブザーチェックは忘れずに。
先日作った「導通チェッカ」なんだけど、これ応答が早くて、ホント役立ってます。
このチェッカは、超お勧め。
おかげで、テスターの出番が少なくなりましたよ。 

f:id:JH1LHV:20200529145732j:plain
ボードの裏面に ESP32 が付きます。

f:id:JH1LHV:20200529145919j:plain

ボードの表面

やっぱり、こういうシリアル機能が最初から入ったワンボードなマイコンは、動作試験が簡単にできるので、ホント便利ですね。
USB ケーブル1本繋ぐだけで、プログラムの書き込みも実行も簡単にできるのは、とってもイイ。
 

ESP-WROOM-02

今やってるパドルの遠隔操作で使うなら、やっぱりこの ESP マイコンかな。
WiFi だけで Bluetooth は使わないし、それにモジュール自体も ESP32 の半値以下だしね。
PCB 化するならこっちの ESP マイコンが妥当じゃないかって、そう思ってます。

f:id:JH1LHV:20200529150941j:plain

f:id:JH1LHV:20200529151022j:plain

ピッチ変換基板にハンダ付けしてしまうのがもったいなかったので、aitendo で買った Wi-Fi モジュールソケット に ESP マイコンを刺して動作確認してみました。


f:id:JH1LHV:20200529151125j:plain

ESP32 マイコンと接続に違いがあるので注意が必要です。
クライアント側だけ ESP マイコンで動作させ、サーバ側は ATOM Matrix のままで確認しました。

ESP-WROOM-02 ドキュメント

f:id:JH1LHV:20200529154458j:plain

EN → High
RXD → Serial Board TXD
TXD → Serial Board RXD
RST → Reset
GPIO0 → プログラム書き込み時 Low、実行時 High
GPIO2 → High
GPIO15 → Low

プログラム(スケッチ)は、ESP8266 のサンプルを参考に作成します。

f:id:JH1LHV:20200529234421j:plain


■ ■ ■

 

今回、ESP32、ESP(ESP8266)ともに、思いどおり動作することを確認しました。

で、今後の計画なんですが、ESP モジュールを基板実装することを考えると、リセットボタンやプログラムの書き込みなど、なんらかの仕組みが必要だったりするんで、これをどう実装していくか・・・只今、思案してるところです。

モジュール的には3Vで動作するので、単4電池2本を使って小さく作れるんじゃないかって考えてみたり・・・。

ケーシングをどうするかが、いつも悩みの種なんですよね。

まぁ、いろいろと考えを巡らせるのも楽しいことなんで、しばらく続けてみます。

 

3D Printer、FLASHFORGE Adventurer3 の 0.3mmノズルを買ってみた

先週の金曜日に注文した FLASHFORGE Adventurer3 の 0.3mm ノズルが到着しました。

f:id:JH1LHV:20200526203655j:plain
f:id:JH1LHV:20200526193656j:plain

先週の木曜日のこと。
Twitter のタイムラインに、こういう情報が流れてきたんです。

今使ってるプリンターのノズルだけ交換すれば、0.3mm で造形できるようになるんだから・・・
そりゃ~、欲しくなりますよね。

ということで、速攻の売り切れを予想しながら、Apple Watch にアラームをセット。
販売開始10分前からクリック待機してました。

結果、購入することができました。^^

f:id:JH1LHV:20200526200431j:plain

フィラメント、PLA メタルカラー(銅)サンプルの同梱。
お心遣いありがとうございます。

f:id:JH1LHV:20200526200450j:plain

今使ってる 0.4mm のノズルと比べたら、絶対に造形精度は向上するはず。
小さな文字もくっきり、積層跡も分からなくなって、もう美しく造形・・・と、期待したいところです。

で、ノズル交換後の設定方法なんかが書かれた資料はメールで送られてきたんですが、今日のところは FlashPrint の設定だけやっときました。

f:id:JH1LHV:20200526212749j:plain


それと、ノズルが入ってたビニル袋にも貼ってあったんですが、ノズルの温度校正も忘れずにやらないといけないみたいで、これはノズルを交換する時にでもやりたいと思います。

0.3mm のテストプリント、近日中に試してみようかと思います。
楽しみです。

 

CNC フライスを作る ~その14~ (CNC1610 Pro)

CNC1610 Pro の組み立て、途中経過です。

今日のところは、六角ボルトで締めるだけというガタイ部分の組み立てで終了です。
残りのモータ等の各種配線については後日の作業となります。

まぁ、モータとの配線といっても、付属のケーブルをコントール基板へ差し込むだけなんですけど。

今日これ以上やってたら、最後に G-コード送って何か削りたくなっちゃうんで。。。
これから深夜に向かってドリルをフル回転させるのもねぇ~。
これ、結構な爆音なんで、近所迷惑もんなんですよ。

それに、切削までやってたら、いつ寝れるか分からなくなるし・・・
健康面を考慮しても、ここでストップするのが賢明と判断しました。Hi

f:id:JH1LHV:20200525143323j:plain

f:id:JH1LHV:20200525143340j:plain

f:id:JH1LHV:20200525143411j:plain

ここまでの作業で不足するパーツはありませんでした。
作業時間としては、前にも同じような CNC1610 を組み立てたことがあるので、ゆっくり1時間ちょいくらいかかったかな。

それから、組み立てが単純すぎて、注意するようなところなんかはないですね。

ニトリの DIY ものと同じような感覚で、ただただボルトを締めるだけという、単純作業ですから。
組み立てるだけなら、とっても簡単に終わります。

ということで、実際の切削テストは次回になりますね。

わたしの最近のマイブームは、電鍵やパドルをリモート操作する案件で、最終系の構想練ったり、KiCad 弄ってみたり、結構これに時間かけてるんですよ。
なので、この CNC まで手も頭も回らない・・・これがホンネのところなんです。。。 

 

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その56~

基板をお送りしたハム局からの情報です。

この K3NG の CW Keyer で使用できる PS/2 キーボードの情報です。
所有する2つのキーボード、どちらも認識したとのことです。

以下、JA0NTR さんからの情報です。

 ・OWL-KB77U/P(B)E ASCII 配列
  株式会社オウルテック製
  223 x 103 x 17 mm と小さなサイズ(USB+PS/2 変換ソケットタイプ)

 ・SCKB03-WH 日本語配列
  Scythe Co., LTD 製
  一般的なサイズ

f:id:JH1LHV:20200523141742j:plain
写真提供:JA0NTR さん

この K3NG の CW Keyer で使える PS/2 キーボードは非常に少ないので、お持ちになられている2つのキーボードのどちらも動いたことは、ホント、ラッキーなことだと思います。

もっと多くの種類で動いてくれたら、今進めている USB Host Shield まで組み込もうなんて考えることもなかったんですが、まぁ、今どきは USB キーボードが普通ですし、なにかと使えた方が便利だと思ってたりもしてるんで、最後はどうなるか分かりませんが、しばらくは続けてみるつもりです。

それと、PS/2 キーボード。
今回の情報でも思ったことなんですが、古ければ古いキーボードの方が動きそうですね。
なんとか探してみるのも、ありなのかもしれません。

簡単なところだと、パソコンの付属品なんかを扱っている、中古ショップ回りですかね。

この CW Keyer を屋外でも使えるように電池駆動にして、ジャンクキーボードにこっそり繋いで動くものだけ買ってくるとか。(・・・って、ちゃんとショップ店員さんに断り入れれば、試させてくれるとは思いますけどね。)

ということで、JA0NTR さん、FB な情報ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

 

電鍵やパドルを Wi-Fi でリモートする ~2~

今やってる、電鍵やパドルの遠隔操作で使うマイコンなんですが。
ATOM マイコンから ESP32 モジュール単品に変えて作って行こうかと、そんなことを考えてます。

最初、サーバとクライアントのマイコンは ATOM 2個でやるつもりだったんですが、ケースに収めること考えてたら、なんか違うなぁ~って思えてきて。

コンパクトなアダプタを作ろうとすると、最初から ESP32 モジュールで組んでいった方がいいんじゃないかって。

f:id:JH1LHV:20200521195229j:plain


ATOM に入ってるマイコンって、ESP32 Pico というヤツなんです。
後ろに Pico って付いてるんだけど、基本的には秋月電子で売ってる ESP32 マイコンと同じ仲間です。
ほんと言えば、このf:id:JH1LHV:20200521200703j:plainWemos Mini D1 というマイコンボードを使いたかったんです。
なんとこのボード、@200 という信じられない安さで買えるんですよ。
それに、ほぼ ESP32 モジュールと同じ大きさで、シリアル通信チップまで入ってるんですから。
ホント凄いボードなんですよね・・・でも、残念ながら技適がないのが、痛い。(>_<)

ということで、仕方なく技適がある ESP32 を使う、これがホンネのところなんです。

まぁ、単品のマイコンチップの方が、なにかと融通も利くし、それに ATOM というマイコンをパドル操作専用にするのもなんか違うんじゃないかって、そんな気がしてたんですよ。

○○専用というものを作るなら、やはり最後はマイコンチップで作成する。
これが、普通だと思うんですよね。

ということで、今日は ESP32 が載ってる ESP32 dev KitC で、先日書いた ATOM のプログラムが動作するか試してみました。

f:id:JH1LHV:20200521202502j:plain

ATOM 固有の LED を表示させるコードを外しただけでコンパイルが通り、しっかり動作してくれたので、あとはどうにでもなるんじゃないかって、今ホッとしてるところです。

f:id:JH1LHV:20200521212046j:plain

このマイコンボードは開発用のボードなので、まずはこのボードでちゃんと動くことを確認して、そしてその後 ESP32 モジュールで組み直して試験を行う予定です。

それと、この ESP32 モジュールのピン・ピッチは結構狭くて、これを手配線するのも難しいので、基板を FusionPCB に発注して、パーツのハンダ付けはリフローでやろうかと思っております。

f:id:JH1LHV:20200521203934j:plain

これ、全体のイメージです。
電鍵などのストレートキーと、パドルによるエレキーにも対応できるように作る予定です。

しばらくは、この遠隔操作のためのアダプタ作りで遊べそうです。

CNC フライスを作る ~その13~ (CNC1610 Pro)

新しい CNC フライス、CNC1610 Pro を買いました。

f:id:JH1LHV:20200519144008j:plain

初めて CNC フライスを組み立てたのが 2016/6 だから、もう4年も前になるんですね。


CNC の構造はいたって単純で、昔からなにも変わってないんですが。
最近、CNC で基板作りなんかも始めたりしてるんで、なんか心機一転、新しく作りたくなったんです。
(3Dプリンタの進化は止まらないけど、この CNC は基本変わってないから。)

ホント、ただの思いつきで、ついポチってしまいました。

今回買ったのは、今持ってる CNC1610 の後ろに Pro ってついたヤツで、塗色がブラックになって前のより少しは格好よくなってるヤツです。

CNC1610 Pro + 5500mW のレーザ付き(配送料込み、約25,000円)

f:id:JH1LHV:20200519160703j:plain
昨日、到着。
AliExpress でポチったのが10日くらい前なんで、結構早く到着しました。
中国からの荷物って、もう普通に届けられてるんですね。
国内のコロナもやっと収束しそうだし、夏に向かってすべて心機一転、衣替えですね。


f:id:JH1LHV:20200513212658j:plain
4年前の箱詰めは凄く雑だったんだけど、時は流れてキレイに収まってます。
組み立てる気力も湧くってもんです。

f:id:JH1LHV:20200513212743j:plain

パーツは3段重ねです。

今日は組み立てないけど。
とりあえずザックリだけど、パーツの点検だけはしておきました。が。。。

まぁ中華モノなんで、なんの不思議もないんだけど、紙一枚入ってきません。
パーツのチェック表ぐらいあってもいいかと思うけど、まぁこんなもんです。
最初から親切なんて期待してないので・・・大丈夫ですよ。

組み立てマニュアルや必要なソフトウェアはダウンロードで入手するのかなぁと思いながら、CDでも入ってないかと漁ってたら、底の方から USB メモリが見つかりました。

f:id:JH1LHV:20200519161525j:plain

まぁ普通なら、このメモリの中に必要なファイルは入ってると思いますよね。
ここでも中華は期待通りで、裏切ってくれません。
どこにも CNC1610 Pro のファイルはありません。

f:id:JH1LHV:20200519161933j:plain


これ、USB メモリの中身です。

もう、こういうことも「中華あるある」なんです。
必要なファイルは、中華の機器名を入れてググれば大抵はネット上で見つかりますからね。

それでも一応、ダメもとで購入先にダイレクトメッセージを送ったんですよ。
そしたら同梱されてる USBメモリの中の CNC3-3018PRO_EN を使えって、返信があったんです。

ただ、このドキュメントだと、うまくない箇所があったりするんですよね。

CNC△△△△ の、この数字だけど。
これ、切削できる大きさを表しているんです。
CNC1610 なら 16cm × 10cm まで、CNC3018 なら 30cm × 18cm まで切削できるということで、その分 CNC3018 は CNC1610 に比べてガタイが大きくなるんです。

なので、CNC3018 のドキュメント通りだと、寸法が合わなくなったりするんです。

あと、外部電源のケーブルもダメなやつが入ってました。

f:id:JH1LHV:20200519204546j:plain

ここは日本なので、US プラグじゃないとコンセントに挿せませんから。。。

と、今日のところは、ほんとザックリとしか点検してないけど、細かなパーツで足りないものが出てきそうで・・・大きな金物の予備なんて持ってないし・・・その時は中華のどこかに注文しなきゃならないんで、ちょっと面倒だなぁ。

と、こういう心配も、中華のバカ安いキットを買ってるせいで。
それが嫌なら10倍以上出して、ちゃんとした既製品でも買えばいいわけで・・・
でも、そこまでの余裕もないし、結局こういうモノに手を出すしか道はないのは寂しいことだけど。

中華モノはすべて自己解決でなんとかすること。
そして時に、きっぱり諦めて捨てる勇気を持つこと。

これが鉄則かな。。。

ということで、今度の休日にでも組み立ててみようかと思います。

 

電鍵やパドルを Wi-Fi でリモートする ~1~

Bluetooth の BLE で電鍵やパドルを遠隔するのは諦めて Wi-Fi でやってみました。
結果、バッチリうまくいきました。

f:id:JH1LHV:20200517152652j:plain

サーバ側の M5StickC は、アクセスポイントモード(AP)で動作させました。

サーバとクライアントを同時に開発してると、シリアルモニタは片一方しか起動できなかったりするので、それだとデバッグがやりにくいので、取りあえずサーバを M5StickC にして画面で確認できるようにしました。

 

■ ■ 


最初、ステーションモード(STA)で試してみたんですが、それだとダメで。
まぁ BLE に比べたら多少はマシにはなったんですが、やはり少し速めの短点連打で、ひとつふたつこぼれたり、ちょっと遅延があったりと、なんか違和感ありありで。
電鍵操作に追従してしっかりブザーが鳴ってくれませんでした。

ルータを経由させてるので、余計なルートが発生して、そこで遅延してるんだと思います。

それで、サーバとクライアントがダイレクトで繋がる、AP モードを試してみたんです。
そしたら、もうバッチリで。

短点を高速連打しても、まったく遅延なんて感じないんですよ。
電鍵に直接ブザーを繋いで音を鳴らしてる・・・そんな感じなんです。
ここまで上手くいくと思わなかったので、ホント、ビックリで。
 

■ ■

 

ということで、懸念事項も解決したので、これからは、Wi-Fi の AP モードで進めることにします。

さて、今日はまだ時間があるので、この M5SticC で試したサーバを ATOM でも動作するように、スケッチでも修正してみようかと思います。