JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

M5Stack で CW Decoder を作る ~5~

M5StickC Plus を CW Decoder にして、和文モールスを解読する。

先日の日本語表示もうまくいったので、今日は和文も解読できるようにプログラムを修正しました。

f:id:JH1LHV:20200730174734j:plain

解読する和文は Learning Morse で作成。
パソコンのディスプレイから聞こえる音を拾って解読させました。

〇 20 wpm

f:id:JH1LHV:20200730180550j:plain

最初の文字(”ア~オ”)の5文字が抜けた以降は、すべてミスなしで解読しました。
ちなみに、A ボタン(M5 って書いてるところ)で、欧文と和文が切り替えられるようにしました。

〇 25 wpm

f:id:JH1LHV:20200730180934j:plain

この速度でも最初の5文字が抜けた後、すべてノーミスです。

〇 30 wpm

f:id:JH1LHV:20200730180635j:plain

この速度も、同じ状況です。

〇 35 wpm

f:id:JH1LHV:20200730180502j:plain

35 wpm という結構速いスピードでも、最初の5文字を取りこぼした後はノーミスです。

内蔵マイクの感度がいいせいか、スピーカから 30cm 離れたところにこの M5StickC Plus を内蔵バッテリー駆動状態で置いたんですが、こんな感じにノーミスで解読してくれました。

Arduino マイコンに比べてハード性能が格段にアップしているので、それなりにパラメータの設定を引き上げることもできたので・・・こういうことが解読率向上に貢献しているのかもしれません。 

それと、今のプログラムでは最初の解読に5文字程度のウオーミングアップが必要なので、これはもう少しなんとかならないかと・・・今後の課題ですね。

ということで、モールスを解読するということについては、まぁ成功なんじゃないかと思います。

 

SoftBank光