JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

中華 uSDR 8-Band QRP ~スプリアス測定~

2か月前に到着していた QCX の中華バージョンである uSDR の、各バンドにおける送信出力とスプリアスを測定してみました。

f:id:JH1LHV:20211229101605j:plain
uSDR Pocket 8-band SSB/CW QRP TRANSCEIVER
uSDR Pocket 8-band SSB/CW QRP TRANSCEIVER - YouTube

 

測定構成

測定環境は以下のとおりです。

f:id:JH1LHV:20211229152355j:plain

f:id:JH1LHV:20211229152406j:plain

uSDR 13.8V
20dB 方結 + 20dB ATT
tinySA(v1.3-325)、RBW → Auto、PC ソフト → tinySA-App v.1.1.19.21
周波数 1MHz ~ 150MHz

 

測定結果

スプリアス領域のみ測定しました。(除く、1.8/1.9MHz 帯)
パワー測定における測定値は Radio-Kits の RK-SWR の結果としました。

uSDR 本体の LCD に表示されるパワーの方が RK-SWR で測定した結果よりも何割か大きな値を示します。
今回の測定では、RK-SWR (第一電波工業の SX-200 と同じ)の示す値を採用することとして、以下に掲示しております。

● 3.5MHz → 6.77W

f:id:JH1LHV:20211229153039j:plain

 

● 7MHz → 7.29W

f:id:JH1LHV:20211229153207j:plain

f:id:JH1LHV:20211229153233j:plain

LPF 1段追加

f:id:JH1LHV:20211229153252j:plain

f:id:JH1LHV:20211229153429j:plain

f:id:JH1LHV:20211229153446j:plain

LPF 2段追加

f:id:JH1LHV:20211229153627j:plain

f:id:JH1LHV:20211229153604j:plain

 

● 10MHz → 6.26W

f:id:JH1LHV:20211229153743j:plain

 

● 14MHz → 5.37W

f:id:JH1LHV:20211229153956j:plain

 

● 18MHz → 4.50W

f:id:JH1LHV:20211229154035j:plain

 

● 21MHz → 3.64W

f:id:JH1LHV:20211229154109j:plain

 

● 24MHz → 1.51W

f:id:JH1LHV:20211229154151j:plain

 

● 28MHz → 1.24W

f:id:JH1LHV:20211229154233j:plain

 

f:id:JH1LHV:20211229162246j:plain

今回測定したすべてのバンドで許容値を超え、国内では不合格品ということが判明しました。
旧スプリアス規格なら合格なんですが・・・とても、残念です。

7メガで LPF を2段入れてなんとか -50dBc にすることはできましたが、他のバンドもスプリアスを許容値内にすることは勿論、それ以外にもデフォルトで 5MHz帯が送信できる状態になっているので、これをプログラムを修正して禁止にするとか、まぁいろいろとやることも多く、実際にこのムセンキで免許を下ろすことは、結構シンドイ作業になると思います。