JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

NanoVNA RF Demo Kit ~SMA 基板入手~

前回の続きです。

RF Test Board の U.FL 端子は繰り返しの脱着に弱く、すぐに壊れてしまいます。
ということで、RF Demo Kit 基板の SMA 端子基板を入手しました。

f:id:JH1LHV:20201207192847j:plain
こういう基板です。

このテスト基板は、下の IMSAI Guy 氏が YouTube チャンネルで紹介しているもので、そこではガーバーデータも公開しているので、それをそのまま使わせていただきました。

どのようなものかは、この YouTube 動画を観るのが早いです。 

www.youtube.com


今回の基板発注は PCBGOGO にしました。 

f:id:JH1LHV:20201207194640j:plain

これまでずっと Fuision PCB だったんですが。
5枚 1000円のサービスがなくなったみたいで・・・PCBGOGO に乗り換えました。
輸送方法を安いヤツにすれば、これまでの Fusion PCB のサービスと同じ、5枚1000円 で作れます。

f:id:JH1LHV:20201207195928j:plain

旧基板から SMD パーツを剥がして、それをそのまま新基板へ取り付ける予定なんですが、まだラッキーなことに、完全に U.FL 端子が壊れてないので、もうしばらくはハンダ付けをしないと思います。
  

f:id:JH1LHV:20201207200645j:plain

SMA 端子は AliExpress で 10個 130円 程度で購入できます。

f:id:JH1LHV:20201207200932j:plain

SMA 端子を基板へ差し込んでみました。
な、なんと、その数 25 個です。

U.FL 端子は構造上繰り返しの脱着には弱いので、コネクタを基板から外すときに力任せで外したりすると簡単に端子が破損してしまいます。

何度も抜き差しする学習用の基板の端子として、U.FL を使うのはいただけない仕様だと思います。

わたしの Test Board も、数回抜き差しだけで、U.FL 端子の差込口付近が若干曲がってしまったり、コネクタを端子から外すときに指を怪我したり・・・もう、使うの嫌になりました。

今、ちょっこら忙しいので・・・
でも、なるべく早めにハンダ付けはしようかな。