JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

海外ハム雑誌のバックナンバーをむさぼり読む

皆さんは Internet Archive という、デジタル図書館をご存知でしょか?
 

archive.org

この Internet Archive は、アメリカの非営利団体がやっているもので、インターネットサイトやユーザのアップロードで収集した文化的な成果物をデジタルライブラリとして構築し、検索や閲覧を無償で提供しています。

ただし、掲載されているデータは、アップロードしたユーザーの利用規約への違反(著作権の関係)など、さまざまな理由で削除される場合があります。

デジタルデータをアップロードする際は、著作権侵害とならないよう十分に調査した上で行うようお願いします。

※(参考)著作権の保護期間は、国によっても違いがありますのでご注意ください。

 

73 Magazine

1960年~2003年 のすべての号が揃っていて、PDF 形式でダウンロードできます。

73 Magazine (Amateur Radio Today) : Free Texts : Free Download, Borrow and Streaming : Internet Archive


f:id:JH1LHV:20200721133522j:plain
514冊 のコレクション。凄すぎ!

f:id:JH1LHV:20200721134048j:plain

1960.10 の創刊号の目次ページ。

f:id:JH1LHV:20200721130605j:plain
2000.4 電信特集。

f:id:JH1LHV:20200721132539j:plain

f:id:JH1LHV:20200721130630j:plain

勿論、全ページ英語ではありますが、広告ページもそのまんまカラースキャンされてるので、当時の無線機を眺めるだけでも楽しいと思います。
 

CQ elettronica

イタリアのハム雑誌です。

CQ elettronica : Free Texts : Free Download, Borrow and Streaming : Internet Archive

f:id:JH1LHV:20200721135734j:plain

f:id:JH1LHV:20200721140200j:plain
無線技術は枯れた技術です。
イタリアの古いハム雑誌から、思わぬ掘り出し技術が見つかるかしれません。
 

Magazines radioamateur en français

フランスのハム雑誌です。

Magazines radioamateur en français : Free Texts : Free Download, Borrow and Streaming : Internet Archive

f:id:JH1LHV:20200721144855j:plain

 

Radio Electronics Magazine

アメリカのエレクトロニクス専門誌です。

Radio Electronics Magazine : Free Texts : Free Download, Borrow and Streaming : Internet Archive

f:id:JH1LHV:20200721145355j:plain

 

QST

1937.10 ~ 189 冊。
とっても古い QST が読めます。

QST : Free Texts : Free Download, Borrow and Streaming : Internet Archive


f:id:JH1LHV:20200721145719j:plain

 

Radio-Craft

Radio-Craft : Free Texts : Free Download, Borrow and Streaming : Internet Archive

f:id:JH1LHV:20200721151433j:plain

 

Electronics Australia

Electronics Australia : Free Texts : Free Download, Borrow and Streaming : Internet Archive

f:id:JH1LHV:20200721151648j:plain

 

Ham Radio Magazine

しばらく前までは、Ham Radio Magazine(1968-1990)もアーカイブされてたのですが・・・
著作権の関係でしょうか、現在はすべて削除されているようです。

このHam Radio Magazineは、CQ Communications から CD でバックナンバー(1968-1990 が120$)が販売されているので、まぁ削除も当然といえば当然なのかもしれません。
 

f:id:JH1LHV:20200721142302j:plain

CQ 誌のバックナンバーも CD にして販売してくれたら嬉しいんだけどなぁ。 

 

Folkscanomy: Ham and Amateur Radio

ハム、エレクトロニクス関連書籍のアーカイブ

Folkscanomy: Ham and Amateur Radio : Free Texts : Free Download, Borrow and Streaming : Internet Archive

f:id:JH1LHV:20200721151949j:plain

 

I/O Magazine

80年代のマイコン雑誌、I/O がアーカイブもあります。
当時、毎月購読してました。

I/O Magazine : Free Texts : Free Download, Borrow and Streaming : Internet Archive

f:id:JH1LHV:20200721150650j:plain

パソコンのテンキーを MON モードにして、数ページにわたるマシン語を無心になって入力して、やっとの思いでゲームをした・・・そんな記憶が蘇りました。
 

■ ■ ■

 

日本の "CQ誌" もアーカイブされてるんじゃないかと、"CQ" の文字列で meta 検索してみたんですが、1冊も見つかりませんでした。

まぁこれは当然なことで、CQ 出版がこういうアップロードを認めてるわけはないので、むしろ見つけたら削除依頼の報告をすべきなんでしょうね。

ということで、本日は Internet Archive を紹介しました。

ほかにも、1930年代のラジオ雑誌(廃刊した FM レコパルのような雑誌)もあったりして、時間を忘れてクリック、むさぼってしまいました。

当時の人気シンガーのインタビュー記事や、番組表も載ってたりして・・・
高齢化社会を迎えている今のハム界で、ホント、懐かしく感じるそんな OM が沢山いるんじゃないかと思います。

 

■ ■ ■ 

 

どうですか、古い時代のハム雑誌。
その書かれてる記事ときたら、めちゃくちゃ技術寄りで・・・もう、最高でしょう!
今の無線雑誌とベツモノですよね。

これは勝手な思い込みかもしれませんが。
古いハム雑誌って、内容の8割が技術に関することで、残りの2割が運用の話ってところかなって。
それが 2000年頃からかな、技術から運用中心へとシフトしていったのは。

これも時代の流れなんでしょうかね。

まぁ、無線技術は枯れた技術なんで、今でも通用するものばかり。
古い記事の全てが価値ありますからね。

コロナ禍の収束もまだまだ先のようですし、ステイホームで家にいる時間も長かったりするので、こういう Internet Archive でも漁りながら、そして、古き良き時代に思いを馳せながらノスタルジーに浸るのもいいんじゃないでしょうか。

引き続き、古い雑誌の記事でなにか面白いものを見つけたら、紹介していきたいと思います

 

SoftBank光