JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

電鍵やパドルを Wi-Fi でリモートする ~1~

Bluetooth の BLE で電鍵やパドルを遠隔するのは諦めて Wi-Fi でやってみました。
結果、バッチリうまくいきました。

f:id:JH1LHV:20200517152652j:plain

サーバ側の M5StickC は、アクセスポイントモード(AP)で動作させました。

サーバとクライアントを同時に開発してると、シリアルモニタは片一方しか起動できなかったりするので、それだとデバッグがやりにくいので、取りあえずサーバを M5StickC にして画面で確認できるようにしました。

 

■ ■ 


最初、ステーションモード(STA)で試してみたんですが、それだとダメで。
まぁ BLE に比べたら多少はマシにはなったんですが、やはり少し速めの短点連打で、ひとつふたつこぼれたり、ちょっと遅延があったりと、なんか違和感ありありで。
電鍵操作に追従してしっかりブザーが鳴ってくれませんでした。

ルータを経由させてるので、余計なルートが発生して、そこで遅延してるんだと思います。

それで、サーバとクライアントがダイレクトで繋がる、AP モードを試してみたんです。
そしたら、もうバッチリで。

短点を高速連打しても、まったく遅延なんて感じないんですよ。
電鍵に直接ブザーを繋いで音を鳴らしてる・・・そんな感じなんです。
ここまで上手くいくと思わなかったので、ホント、ビックリで。
 

■ ■

 

ということで、懸念事項も解決したので、これからは、Wi-Fi の AP モードで進めることにします。

さて、今日はまだ時間があるので、この M5SticC で試したサーバを ATOM でも動作するように、スケッチでも修正してみようかと思います。

 

SoftBank光