JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その39~

Fusion PCB に発注していた ATmega1284P ボードが到着したので組み立ててみました。

f:id:JH1LHV:20190108201546j:plain2018/12/16 発注
2019/01/08 到着

f:id:JH1LHV:20190111203328j:plain
基板の大きさは "Arduino CW Keyer Shield" と同じ、8cm × 8cm です。

f:id:JH1LHV:20190112212956j:plain
シリアルモジュールの取付けにで無用なテンションが加わらないように、ピンを抜いたピンヘッダを接着剤で取付けてレベルを合わせました。

f:id:JH1LHV:20190112213421j:plain
こんな感じになります。
USB ケーブルの抜き差しで余計なテンションが掛かってしまいますからね。

f:id:JH1LHV:20190111220225j:plain
この基板では、三端子レギュレータだけが表面実装パーツで、他は普通のパーツです。
必要なパーツ数が少ないのでハンダ付けはサクッと終了します。

f:id:JH1LHV:20190111220612j:plain

f:id:JH1LHV:20190111220536j:plain
こういうピン数の多い IC は、足をキレイに揃えてからソケットに挿さないと。
ピンが折れ曲がったり・・・ヒドイ目に合うので注意が必要です。
わたしは、写真のような ”ピンそろった” を使って、必ずピンを揃えるように心掛けてます。

 

Arduino のブートローダを書込み

Arduino UNO を使ってブートローダを書き込みます。

Arduino UNO を ArduinoISP にする(準備)

f:id:JH1LHV:20190112221636j:plain
スケッチの例から "ArduinoISP" を選択して、プログラムを書き込みます。
この時のボードは "UNO" です。

コンパイルとスケッチの書き込みが正常に終了すれば、もう UNO は ISP 書き込み機です。

 

ArduinoISP で ATmega1284P ボードにブートローダを書き込む


f:id:JH1LHV:20190112220201j:plain
Atmega1284P ボードの ICSP と Arduino Uno を写真のとおり接続します。

f:id:JH1LHV:20190111223738j:plain
ジャンプワイヤ6本を使って Arduino Uno に接続するだけです。
 

f:id:JH1LHV:20190112221828j:plain
ボードは "ATmega1284" を選択。
書込装置が ”ArduinoISP” になっていることを確認して、「ブートローダを書き込む」を押します。

f:id:JH1LHV:20190112223709j:plain
書き込みが正常に終了しました。
これで ATmega1284P ボードは、Arduino 互換機となりました。
 

f:id:JH1LHV:20190112001426j:plain
左:今回新たに作った ATmega1284P ボード
右:これまでの試作ボード
シールド基板に合わせたので、こんなに大きくなってしまいました。


ATmega1284P ボード + Arduino CW Keyer シールド

2枚の基板を合体です。

f:id:JH1LHV:20190112001453j:plain
左:Arduino CW Keyer シールド
右:今回の基板

f:id:JH1LHV:20190112002118j:plain
合体すると、こんな感じになります。

最後に、K3NG Arduino CW Keyer のスケッチを書き込みます。

f:id:JH1LHV:20190112224642j:plain
書き込みが正常に終了しました。

f:id:JH1LHV:20190112002008j:plain
電源投入で、いつもの "K3NG Keyer hi" が軽快なモールス音とともに LCD に表示しました。

ということで、心配していた ATmega1284P ボードですが、基板的にミスはなかったようで、ホッとしました。

今日はここまでで、トータル的なテストは後日になります。