JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

ESP マイコンのテストボード

AliExpress で ESP マイコンのテストボードを買ってみました。

f:id:JH1LHV:20200624214728j:plain

今回到着したのは下の3種類。
あと注文済みの ESP-WROOM-02 ボードの到着で、ほぼすべての ESP マイコンがハンダ付けなしで使うことができるようになります。

f:id:JH1LHV:20200624213902j:plain

ESP8266
ESP-WROOM-32
ESP32-WROVER

これらのテストボードは、AliExpress の多くのショップで取り扱っていて、ひとつ 1,000円 から 2,000円 程度で販売されています。

f:id:JH1LHV:20200624221251j:plain


f:id:JH1LHV:20200624214526j:plain

到着してまず驚いたのが、このピンのクオリティ。
もう、ピンの向きが適当で、キレイに並んでないんですよ。
3個のボードでピンの取付けが汚かったりするので、最初からこういうものなのかもしれません。

f:id:JH1LHV:20200624220957j:plain

f:id:JH1LHV:20200624221024j:plain

f:id:JH1LHV:20200624221044j:plain

ピンセットで調整できないかとチェレンジしてみたんですが、これはピンのハンダ付けの段階でズレてるものなので、もうどうしようもできず、キレイに修正することは諦めました。
 

f:id:JH1LHV:20200624221113j:plain

で、無理くり ESP マイコンをハメてみました。
ピンとピンが近いところもあったりしますが、すべてのピンがしっかりハマってくれたので、もしかすると商品的にこういうものなのかもしれません。
 

f:id:JH1LHV:20200624221205j:plain

”Hello World” をシリアルに出力させてみました。
コンパイルと書き込みもトラブルなく普通にできました。

f:id:JH1LHV:20200624221137j:plain

ESP32-WROVER は持ってないので試験はできませんでしたが、他の2つのボードはちゃんと動いてくれました。

これは気休めなんですが、しばらくマイコンを挿したままにして、ピンを馴染ませておくことにします。

なんか中華クオリティでしっくりこないんですが、とりあえずテストボードが使えることは分かったんで、これからは変換基板は使わずに、このボードを活用していこうと思います。

 

SoftBank光