JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

小型ケースを固定する CNC クランプ ~2~

CNC1610 Pro で使うクランプのいろいろ。

昨日からず~っと外は、雨っぷり。
もともと日光の下に出るような高尚な趣味もないのだけれど。
春でも夏でもないこの季節、コロナ禍も重なったりして、気持ちも沈みがちになっちゃいますよね。

で、そんな休日なんですが。
先日作ったミニクランプの段差を 3mm ほど上げて、新たに造形してみました。

f:id:JH1LHV:20200614110721j:plain

今回の造形では、0.4mm のノズルを使いました。

f:id:JH1LHV:20200614110909j:plain

先日の造形は 0.3mmノズルで、@1時間15分かかりましたが、今回は僅か@18分です。
 

f:id:JH1LHV:20200614111506j:plain

8個の造形で約3時間なので・・・この世界では早いほうの出来だと思います。

前回は 0.3mm ノズルの試験も兼ねてたので、丸1日かけて小さなクランプを造形したけど、クランプなんてただのものを固定する道具で、そこまで見栄えも気にすることもないし、しかもそんな高い精度も必要じゃないので、0.4mm ノズルでサクッ作った方がいいかもです。

Um... 今回の造形色だけど。
白じゃない、前回と違う色の PLA 樹脂を使えばよかった。。。いつも詰めが甘いんだよなぁ。。。

f:id:JH1LHV:20200614111804j:plain

横から見ても積層痕の違いってあまり分からないですね。
ちなみに、充填率は 0.3mm が 10% で、04mm は 15% です。
どちらも、ものを固定するだけの強度だけは十分にありそうです。

f:id:JH1LHV:20200614111904j:plain

上から見ると 0.3mm はそのままプラスチック並みのクオリティだけど、0.4mm は「3Dプリンタ」って分かる特異な模様が出ちゃってますね。
 

f:id:JH1LHV:20200614112145j:plain

ケース上面の蓋って、このくらいの厚みがあります。
この蓋をしっかり固定する意味でも、今回の段差 3mm プラスは効いてくると思います。

f:id:JH1LHV:20200614112155j:plain

と、こんな感じに目で分かる程度の段差ができたことで、その分固定強度も強くなってると思います。

CNC でケースに穴でもあけよかってときに、こういう固定するクランプがなかったりすると、その辺にあるなんか適当なもので代用、最後は両面テープで間に合わせたりすると、結局、仕上がりの穴位置が微妙にズレたりするんですよね。

こういうことを回避してスムーズな工作作業ができるように「気付いたときに道具は準備しておく」
これ、大切なことだと思っております。

腕より道具

ということで、未熟な腕も、様々な道具の力を借りたらカバーできるんじゃないかと。
日々奮闘している、そんな今日この頃です。

 

SoftBank光