JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

CNC フライスを作る ~その16~ (CNC1610 Pro)

CNC1610 Pro の切削クズを避ける保護カバーを3Dプリンタで作ってみました。

f:id:JH1LHV:20200618192411j:plain

この CNC を使ってる人なら分かってくれると思うんですが。
この溝に溜まった切削クズの掃除って、すっごくメンドウですよね。

特に切削オイルまみれになったクズ。
溝の中にへばりついちゃってなかなか取れないし、これキレイにするって手間過ぎて。
ホント、嫌になります。

これ、旧 CNC1610 で削ってる時からの、ず~っと困っていた懸案事項だったんです。

ということもあって。
せっかく新しい CNC1610 Pro にアップデートしたし。
それに、まだ一度も切削してないキレイな体だし。
なにか対策するなら今でしょと、フレームの溝を保護するカバーを作ることにしました。

Fusion360 でモデリングしましたが、ただの押出機能を使っただけの、簡単仕様です。

f:id:JH1LHV:20200618234240j:plain

f:id:JH1LHV:20200618192015j:plain

0.4mm のノズルで、そんなに時間をかけずにプリントしました。

保護に 20cm の長さが必要なので2分割で造形。
それでも1本 10cm とかあるので、両端で反らないようにと・・・いつもやらないラフトを付けて造形しました。

f:id:JH1LHV:20200618192908j:plain

こんな感じにフレームの溝はしっかりとカバーできました。
 

f:id:JH1LHV:20200618192941j:plain

ついでに上部のフレームの溝もカバーすることに。
まぁこんな上までクズが飛ぶことはないだろうとは思いますが、造形ついでに作っておきました。

f:id:JH1LHV:20200618192954j:plain

こんな感じに蓋をします。
 

f:id:JH1LHV:20200618190426j:plain

これですべての溝はふさがったので、オイルまみれのクズであろうが、もうなんにも気にすることはなくなりました。

CNC の切削ってモータ回してるので、細かな切削クズが結構飛び散るんですよね。
プラだろうがアルミだろうが・・・ケース加工はとにかく部屋は汚れます。

今回作ったカバーで、掃除のことそんな考えずに済むんじゃないかな。
これで構えずに、これまで以上に気軽に CNC が使えようになったと思うんだけど。

ということで、切削環境も整ってきたし。
そろそろ新しい CNC1610 Pro で、なにか削ってみようかな。

 

SoftBank光

初回購入[menu]【iOS】