JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

CQ誌 1965年

宮城の実家(JR7FHN)から戻ってきました。
Wi-Fi もないし、ネットもできないし・・・ヒマでヒマで・・・
古い CQ 誌を読み漁ったりしながら、時間を潰しておりました。

f:id:JH1LHV:20190826123147j:plain
こんな、ヨレヨレ。
50年以上も前の CQ 誌だからね。
これ以上傷まないように、細心の注意を払いながら、丁寧にページをめくりました。 

f:id:JH1LHV:20190826133028j:plain
目次です。
無線技術は枯れた技術です。
ネットの技術と違って、今の時代もしっかり通用するから、読んでてなんだかホッとします。

f:id:JH1LHV:20190826132910j:plain
1975年の CQ 誌と比べると、こんなに薄い。
1965年は、まだハム人気は来てないようで、広告ページが異様に少ないのです。
それが10年後には3倍の厚さになって・・・キングオフホビーの到来です。
まぁ 2/3 は広告なんですが。(なので、記事的には同じ分量です。)
この時代のスポンサーの数たるや・・・ホント、スゴイ広告料が入ってたんだろうなぁ。

f:id:JH1LHV:20190826133735j:plain

f:id:JH1LHV:20190826133912j:plain
ちなみに、この頃の CQ誌 には、売れ筋の無線機の回路図が折り込まれていました。
素晴らしい。
今となっては貴重な資料です。
 

www.jh1lhv.tokyo

www.jh1lhv.tokyo

こうして実家に帰り、古い CQ 誌で思い出にふける。

スマホから流れる、天地真理や桜田淳子、カーペンターズを聞きながら・・・
黄色く変色したページをめくりました。

ハムに夢中で、なんか温かだったあのころ・・・そんな、中学時代を思い出してしまいました。

あ~~、こうして往時を懐かしむのもいいもんです。

古い CQ 誌。
裁断してデジタル化しようかとず~っと迷ってるんですが。
やっぱり、私には刃は下ろせない。。。

令和になったというのに。
音楽や小説なんかの文化的なこととか・・・逆に昭和に返ってるし。

ん~~、歳を重ねる度に、この傾向が強くなってるなぁ。

 

SoftBank光