JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

3Dプリンタで電子工作の治具を作る ~3~

電子工作をやっていてあると便利な治具などのガジェット。
本日はハンダ付けの時にあると便利なツール、「Solder paste dispenser」を紹介します。

www.thingiverse.com

www.youtube.com

何をするものかは、上の YouTube 動画をご覧いただくとして、わたしも早速プリントして組み立ててみました。
f:id:JH1LHV:20190823215522j:plain
必要な部品は3個です。

f:id:JH1LHV:20190823215558j:plain
こんな感じに組み立てます。

f:id:JH1LHV:20190823214710j:plain
で、まずは安かろうな中華のクリームハンダをセットして使ってみました。

握った時の親指がちょうどナットの位置にくるので、操作性はイイ感じです。
3Dプリンタの仕上がり精度もいいので、ボルトとナットの引っかかりもまったくなく、とってもスムーズにボルトは押し込まれていきます。

ただ、手持ちのクリームハンダのクリームが硬すぎて。。。
まぁ結構な力でナットを回さないと、ハンダが出てくれません。。。
ん~~、使えないことはないけど・・・なんか、イマイチですねぇ。

f:id:JH1LHV:20190823215121j:plain
続いて、中華のフラックス(559)でやってみました。

クリームハンダに比べて粘度は緩いので、
まぁイイ感じにナットの回転に合わせてフラックスが出てくれました。
(少量・定量盛りが必須なハンダに比べて、フラックスは出すぎても何ら問題ありませんからね。)
これなら手は疲れずに、連続で使用できると思います。

ということで、
この「Solder paste dispenser」は、フラックス専用として使っていくのが、イイかもです。

 

■ ■ ■

 

ハンダディスペンサに関する過去記事。

www.jh1lhv.tokyo

 

SoftBank光