JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

池袋サンシャインシティ「技術書典6」に行ってきた

技術書典。
もう6回目の開催なんですね。

techbookfest.org


わたしは2回目から行ってますが、回を重ねるごとに人足も多くなって、その人気と各出展者様の繁盛ぶりには、ホント驚きます。

Twitter では、参加者が1万人を超えたと流れてました。スゴイ!
 

f:id:JH1LHV:20190414160513j:plain

f:id:JH1LHV:20190414200154j:plain
私が行ったのは無料入場になってからの午後2時近く・・・入場待機者はビルの外まで並んでるし・・・それでも30分しないで入場できたのはラッキーでした。

で、入場したら、この混雑。
人をかき分けながら見本誌を手に取り、1冊見るのも、まぁ大変でした。
(混雑と、時間制限と、売り切れるかも・・・の3拍子がそろってるので、心理的にはよく見ないで買っちゃう人が多そう。)

f:id:JH1LHV:20190414202937j:plain
今回買ったのは、これだけです。
タダで配ってたものも入ってますが、まぁそれでも5千円くらいは使ったでしょうか。
(みんな1万円以上は買ってるんじゃないかな。)

入場した時間が遅かったこともあって(とは言っても2時頃ですが)、紙の本は売れ切れてるところが多くて、PDF のダウンロード版を何冊か買いました。

 

■ ■

 

出版業界は本が売れずに厳しい状況と聞きますが、この技術書典の熱はスゴイ。
世の中にはこんなに本好きがいるなんて・・・しかも技術書なのに。

キッチリ系統立てて学びたいなら絶対に書店の技術書コーナーから買った方がいいんだけどね。

ただ、この技術書典に並ぶのは、その道の技術者しかわからないような裏ネタだったり暴露ネタだったりするんだよね。

そんなディープなネタを求めに行ってる自分がいるし、そして一番驚いたのも、そういうマニアックネタを求めている人ってこんなに沢山いるんだってこと。

たった数ページの情報のために、躊躇せず千円とかポンと出しちゃう人が沢山いるんだから、スゴイよ。

・・・と、
「休日のプライベートな時間を使って大行列に並んで、そして新しい技術を追い求める。」
そんな若い人の姿を見て、ホント救われる思いになりました。
(参加者って、30代が多いかな。見た目、50以上のおじさんはあまり見かけなかったなぁ。)

出展者さん、そして会場まで足を運んだ皆さんも、み~んな、お疲れさまでした。

次回も楽しみにしています。

SoftBank光