JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その44~ (Mega2560 Pro Mini ボード)

Mega2560 Pro Mini ボードという Arduino 互換ボードが、中華から新たに販売されてたんで・・・
当たり前のように買ってみました。
(もしかすると、販売されたのって最近じゃなくて随分前だったりして。私が知らなかっただけかも。。。)

それで、毎度のことながら、K3NG の CW Keyer で動いてくれるのか、試してみることにしました。
 

www.aliexpress.com

 

f:id:JH1LHV:20191218225221j:plain
とりあえず、2個買ってみました。

f:id:JH1LHV:20191218225249j:plain
ボードの裏面。

f:id:JH1LHV:20191224201638j:plain
Nano に比べたらそりゃこのくらいの大きさにはなりますよ。だってチップの大きさが倍近いですから。
秋月電子で売ってる一般的な Mega2560 と比べたら、大きさは 1/4 、価格は 1/10 と、まぁお手頃です。
これからの主流ボードになるんじゃないでしょうか。

  

(マイコンチップ単体のメモリ比較)

型式 動作電圧 I/O数 Flash SRAM EEPROM
ATMega328 2.7~5.5V 23  32K  2K  1K
ATMega1284 1.8~5.5V 32  128K  16K  4K
ATMega2560 4.5~5.5V 86  256K  8K  4K
ATMega4809 1.8~5.5V 34  48K  6K  256


さすが、ATmega2560 です。
Uno の 328 と比べると、I/O 数、メモリ容量は、もう桁違いの大きさです。
趣味の工作程度なら、もうなにも気にせず、いろんな機能がジャンジャン詰め込めそうです。

  

で、前回の nano every と同じ keyer_features_and_options.h の設定でコンパイルしてみました。 

 

f:id:JH1LHV:20191224193616j:plain
ボードとプロセッサの設定を Mega2560 にします。

f:id:JH1LHV:20191224193635j:plain
エラー無くコンパイルは通り、ボードへの書き込みも終了しました。

ということで、Nano Every で続けることは、もうすっかり止めることにして、これからは、この Mega2560 Pro Mini ボードで遊び続けていこうかと思います。

さぁ~て、このマイコンボードを実装した、1枚基板の Arduino CW Keyer でも作りましょうかね。