JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その33~

今、Fusion PCB では基板3枚が1$ なんだって。

f:id:JH1LHV:20180917123222j:plain

こんな安いなら何か発注しておこうかと・・・思いついたのが Arduino CW Keyer のシールド基板。

で、急ぎガーバーデータを作って発注作業を進めたところ、送料が 1700円 って。。。
トータルでこんなに高くなるんだったら、いつもの5枚 $7.9 の方が送料込だし、絶対お得でしょう!
このサービス?・・・いったい誰が利用するんでしょうか。

■ ■

それで今回発注した基板のハード構成ですが、

  • Arduino Uno で使えるシールドとする(mega も使えるように)
  • メモリ4個
  • 半固定 VR でスピード調整
  • PS/2 キーボード
  • 無線機2台
  • LCD 表示
  • CW Decoder

と、まぁザックリこんな感じ。

f:id:JH1LHV:20181103214225j:plain

基板上に LCD(1602)が付けられるようにしたので、8cm×8cm と少し大きめになりました。
(9/17 発注済み)  

■ ■

PS/2 で使えないキーボードがあったので、USB ホストシールドだったら上手く動作するんじゃないかと、手持ちの4種類のシールドで試してみましたが、残念ながら PS/2 キーボードと同じ状況でした。

PS/2 で使えるものは USB でも大丈夫。
PS/2 でダメなものは USB でもダメということです。

ということで、今回はこれまで通り PS/2 端子だけを実装することに。

f:id:JH1LHV:20180907211658j:plainf:id:JH1LHV:20180907211811j:plain

で、キーボードの出力ってどうなってるのか気になったので・・・波形観測。

ちゃんと動くやつはキーが押されるたびにクロックとデータが出力されるんだけど、ダメなやつだと何も出力されませんでした。

最初の接続確立ができないとその後ダンマリになってしまうキーボードでは無反応になるようで、今回のような PS/2 で使うには、キーを押したタイミングで一方的に信号が流れるやつじゃないとダメなようです。

USB → USB to PS/2 信号変換 → PS/2
のような、「キーを押したら信号が出力する」というアダプタでも作って経由させれば上手くいくかな。


■ ■

自分で PCB を発注する時。
私が「一番面倒だなぁ」と感じているのが、フットプリントに関すること。

回路図もでき上り、「これからパターンでも繋ごうか」という時になって・・・手持ちのパーツのフットプリントがないことに気づく。

特に、インターフェースで使うパーツの類ね。

C や R、IC チップなんかはこれでもかというくらいに登録されてるけど、ジャックやコネクタの類はまぁ少なくて、手持ちのパーツがヒットしないのは普通のこと。

もちろん、徹底的にググりますが・・・まぁ、見つからない。

「トランジスタ技術 SPECIAL No.142」の付録 DVD に、秋月電子のパーツが 800 も登録されているというので期待したのですが、今回使う PS/2(mini Din6)やイヤフォンジャックはありませんでした。 

 

www.jh1lhv.tokyo

 

何か作ろうと思ったら、そういったインターフェースのパーツは必ず使うんだけどね。

それにパーツを調達する時って、「まず、秋月電子から」っていう人も多いと思うんですよ。
なので売れ筋のパーツのフットプリントくらいはダウンロードできるようにサービスしてくれるとありがたいんだけど・・・なんとかなりませんかねぇ。

もしそうなったら、使うパーツは秋月電子で売ってるものだけで考えるんだけど。 

KiCad をインストールするだけで・・・
ライブラリのことなんてまったく気にしない、そんな環境に早くなってくれないかな。

ということで、今回は何点かのフットプリントを作りました。


f:id:JH1LHV:20181105172048j:plain
2018/11/05 PS/2 用にフットプリント修正

f:id:JH1LHV:20180917133055j:plain

データシート片手に実際のパーツとにらめっこしながら、絶対に寸法を間違えないように。
ホント、この作業は面倒で神経も使うし、できれば避けたいくらい。

それこそ、ちょっとでも間違ったりしたら・・・届いた基板はゴミ箱行きですからね。。。

あとは、今回の基板がそうならないことを願うだけです。