JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

和文電信で聞く「子ども向けニュース」~60~

子ども向けニュースの和文電信を、ウェブブラウザでお楽しみください。

タイトル:東京オリンピックに出る日本の選手たちが集まる式


Speed: wpm


Frequency: Hz

(文字間)
標準
標準 × 2
標準 × 3
標準 × 4
標準 × 5


Position: Letter

    


※ カナ文字中のアルファベットは、和文の下向きカッコ、上向きカッコを使って囲んでいます。(ハムの慣習)
※ ∟(段落)は、読み飛ばしています。

ニュースソース:NHK NEWS WEB EASY

外国人や小中学生に向けた、わかりやすい言葉でかかれたニュースです。


FT-857 の PTT スイッチを操作するソフトを作りました。

ハンドマイクの PTT。
何分も押し続けるようなものじゃありません。

430メガの QSO で、スタンドマイクを持ってない私は、とっても手が疲れてしまいます。
という軟弱なこともあって、ソフトで PTT スイッチのオン/オフができるプログラムを作ってみました。

f:id:JH1LHV:20210707203022j:plain
FT-857 の CAT システムを使って、PTT の動作をコントールします。

既に FT-857 の CAT はログソフトの Logger32 と繋がっているので、VSPE(Virtual Serial Ports Emulator)というバーチャルシリアルポートが作れるソフトを使って今回作ったプログラムの通信ポートを接続しました。
f:id:JH1LHV:20210707202716j:plain
この図のように、VSPE を使って物理ポートの com1 から仮想ポートの com3 を作り、Logger32 と今回作成した PTT Switch の2つのソフトウェアを FT-857 の CAT システムに接続し、そしてそれぞれを操作できるようにしています。

f:id:JH1LHV:20210707204235j:plain
PTT Switch プログラムは Windows の常に前面に表示して、ほかのアプリの後ろに隠れないようにしています。なお、PTT ON ボタンはトグル動作になっています。

今日仕事から帰って「とりあえず PTT がオン/オフできればいいや」って作ったんで、機能的にはこれだけです。しばらくこれでやってみますが、連プレ(5分?、10分?)禁止のタイマーを付けるとか、やっぱりフットスイッチの方がいいとか・・・いろいろ出てきそうですが、まぁその都度で考えていこうかと思います。

ー・・ーーー

それでは今宵も素敵な和文ライフをお過ごしください。



f:id:JH1LHV:20210127210201j:plain
和文電信の習得は、こちらのバナーリンクをご活用ください。

f:id:JH1LHV:20201228144226j:plain
欧文電信の習得は、こちらのバナーリンクをご活用ください。