JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

M5StickC Plus で Morse Trainer を作る ~1~

スイッチオンでコールサインだけが連続で流れる「モールストレーナー」を作ってみました。
今から7年前に PIC で作った「モールス受信練習機」の M5StickC Plus バージョンになります。


f:id:JH1LHV:20200805193243j:plain
スイッチオンでタイトル画面が3秒間・・・文字、うすっ。。。
やっぱり、背景は黒で白文字がいいかなぁ。

f:id:JH1LHV:20200805193453j:plain
今のところは、ランダムに作られたコールサインが次々に画面に表示され、そのモールスが流れるだけという単純仕様です。
 


この状態で、「B ボタン」を押すと、モールスの速度と音のトーンがランダムで変わります。
 


音はこんな感じ。
一応、圧電スピーカなんで・・・
前に試した SPK Hat よりはマシなような気がしますが。。。

で、この音なんですが・・・
正弦波が出せる Twin-T 回路を、Grove アダプタで作ろうかと考えてみたりしてるんですが。
一向に進みません。
  

f:id:JH1LHV:20200805194030j:plain

それから、「A ボタン」でデフォルトのコールサインの連続から、アルファベットと数字のランダム6文字の連続に切り替わるようにしました。

ということで、やっつけ作業ということもあって、今日のところはモールスの速度は変更できないし、画面もこんなシンプルで・・・適当に遊びながら機能アップしていこうかと思います。

 

■ ■ ■


ストラップをつけて、いつでも、どこでも、コールサインの聞き取り練習。
この6文字から構成されるコールサインの音のリズムをしっかり身体にたたき込む。

とにかく、コールサインさえ聞き取れるようになれば、もう大丈夫。
599BK デビューです。


 

SoftBank光