JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

【情報受領】電鍵(begali sculpture arrow)

友人の JH7VHA 柴田さんから、イタリア製の縦振れ電鍵(begali sculpture arrow)を手に入れたというメールが届きました。前回のパドル (begali sculpture) に続き、今回もその素晴らしい電鍵をブログで共有させていただきました。

JH7VHA 柴田さんからのメール

縦振れ電鍵(begali sculpture arrow)を購入しました

イタリアからクリスマスプレゼントが届きました!
縦振れ電鍵 begali sculpture arrow(ベガリ スカルプチャー アロー)です!
重量が 2.2Kg もあり、筋トレができそうです。
打鍵感覚も「どっしり」とした感じです。
ツマミの上面がフラットで滑りにくいです。
接続端子がミニステレジャックで、アマゾンのコードで無線機と接続できて、スマートです。
ミニプラグ3分岐を使用して、HK-808、スウェーデンキーと共に無線機に接続しています。
無線機にはパドルも接続していて、気分で使い分けています。
縦振れでピーっとパワーを確認してから、パドルで CQ というふうに。
パドルで CQ の後に「K」を縦振れで、といったように遊んでます。
和文電信ライフを楽しんでいます。ヤンチャです。


到着時


スカルプチャーアロー with ボージョレー


裏側


スカルプチャー、スウェーデンキー、HK-808

 

■ ■ ■

 

素敵なクリスマスプレゼントですねぇ~。

重さが 2.2kg で、つまみがフラットのデザイン。
これは、イタリアの Begali が 縦振れ電鍵のことを深く理解しているからこそ実現した、使い心地抜群の逸品ですね(私は、重さと ”つまみ” の形状にこだわりを持っています)。

そして、パドルと電鍵の使い分け、面白いアプローチですね。
通常はパドルを使って、「K」の文字だけを「縦振れ」で送信する・・・これは、長点を長めにして、言葉で「どうぞぉ~」と伝えるような感じで、まさに「縦振れ」の醍醐味を味わえる方法ですね。

また何か面白い話があったら、ぜひ共有してください。
ヤンチャな無線活動、楽しみにしています!