JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

(中華キット)70W AB級 リニアアンプの製作 ①

中華の、あのリニアアンプを作り始めました。

今回着手するキットは、AliExpress のハム関連ショップでよく見かける HF 帯 70W AB級のパワーアンプで、送料込みで 2,000円 程度で購入できるという、とってもリーズナブルな激安なキットです。(個別で部品を揃えたらそれなりの価格になります。)

このリニアアンプで総通局の免許が下りるかは、限りなく?です。
購入前に国内ブログなどでこのキットに関する情報をググったりもしましたが、製作や実際に免許申請を行い運用しているといったハムの記事は一切見つけることはできませんでした。

ということもあり、これからこのキットを入手して実際に製作し、そして電波を出そうとすると、免許申請や LPF の製作など、キット製作にかかる時間の何倍もの労苦を覚悟する必要があり・・・私自身、まだこのキットをちゃんと最後まで作ってないのでなんとも言えないのですが、ハムの技術的な研究以外でお求めになることは控えた方が賢明なような気がします。

それでも@2,000円だし、上手くいかないかもしれないけど買って作ってみようかとお考えの・・・そんなハムの参考になれば幸いです。ただし、製作は自己責任ということでお願いします。


f:id:JH1LHV:20210411102923j:plain
(写真は AliExpress のセラーからの転載になります。)

1. 電源電圧: 13.8V
2. 消費電流: 6-10A
3. 最大入力: 5W
4. 最大出力: 70W
5. 周波数: 3.5~30MHz

 

製作資料

キットにはマニュアルなど製作に関する資料は紙一枚入ってこないので、自力で情報を集める必要があり、私はこのキットを取り扱う AliExpress のセラーを巡回して掲載されている広告の中から有用な情報を集めたり、YouTube や海外のブログ記事を漁ったりしました。

f:id:JH1LHV:20210411105744j:plain

パワーMOSFET、IRF530N × 2 が同梱されてました。
それと、この回路図を見るとスワンピング抵抗がないのが?で、
これは7メガで発振したら考えることにします。

f:id:JH1LHV:20210414220537j:plain
iPad アプリの Electronic Toolbox で IRF530N を検索表示。

f:id:JH1LHV:20210411110259j:plain

f:id:JH1LHV:20210411105907j:plain

f:id:JH1LHV:20210411111031j:plain

f:id:JH1LHV:20210411111101j:plain

f:id:JH1LHV:20210411111123j:plain

 

製作開始

リニアアンプ系は使用するパーツは少ないので、割とサクッとハンダ付けは終了すると思います。

f:id:JH1LHV:20210411112021j:plain
製作に必要な基板とパーツ類は、プチプチ袋にひとまとめで、雑に入ってました。

f:id:JH1LHV:20210411112253j:plain
袋の中に入っていたパーツ類を広げた様子です。

f:id:JH1LHV:20210408202141j:plain
基板全体のアップ写真です。
表面実装パーツのハンダ付けも必要ですが、拡大鏡やデジタルスコープがあれば難しくないと思います。

f:id:JH1LHV:20210411113006j:plain
まず、大小のフェライトコアが収まる赤丸部分をカットします。
カッターなどを使って、パキッといかないように丁寧に切り離します。

f:id:JH1LHV:20210411113242j:plain
基板に残った突起(赤丸部分)をヤスリ掛けしてキレイにしました。

f:id:JH1LHV:20210411113433j:plain
ヤスリ掛け後です。

f:id:JH1LHV:20210411113950j:plain
2個の電解コンデンサの耐圧を、16V から 25V のものに変更しました。
抵抗は 0805 から 1206 の少し大きなものに変更しました。(基板的にこの 1206 がピッタリです。)
半固定 VR の実測値が 3.5KΩ だったので、R3 を 1.2KΩ に変更しました。
(R3 の 10KΩ 取付後の実測値が大きすぎたので、急遽 1.2KΩ に取り換えました。) 

まず、SMD パーツのハンダ付けから行います。

f:id:JH1LHV:20210411114618j:plain
SMD パーツの配置とハンダ付けは、デジタルスコープで確認しながら行いました。

f:id:JH1LHV:20210411115002j:plain
取り付けるパーツを間違わないように。
印刷した回路図にマーカーペンでチェックしながらハンダ付けです。

f:id:JH1LHV:20210411115330j:plain
ハンダ付けする SMD パーツは少ないので、速攻で終了します。

このキットで少々やっかいな、出力トランス用のフェライトコアを作成します。

f:id:JH1LHV:20210411115926j:plain
大小の2セット作ります。

f:id:JH1LHV:20210411120126j:plain
こんな感じに組み立てます。

f:id:JH1LHV:20210411120151j:plain
フラックスを結構たっぷり塗りました。

f:id:JH1LHV:20210411120359j:plain
内心パイプが回転しないようにハンダを流し込み固定します。

f:id:JH1LHV:20210411120906j:plain
基板にハンダを使ってこんな感じに接合します。

f:id:JH1LHV:20210411121153j:plain
こんな感じに大小2つのフェライトコアを取り付けます。

f:id:JH1LHV:20210411121544j:plain
あとは、エナメル線を必要数巻いて、残りのパーツをハンダ付けして終了です。

で、今、このキットに合うヒートシンクとアルミケースを AliExpress に注文しているので、終段のパワー MOSFET、抵抗の取り付けは後日となります。

それと、アンテナと無線機を接続するコネクタを付属の SMA にするか BNC にするかで迷ったので、これはケースが到着してからどっちを使うか決めることにしました。

ということで、一旦ここで放置です。
最終仕上げ(スプリアスの状況によっては LPF を製作)は、しばらく後になりそうです。