JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

3Dプリンターでパドルを作る ~その3~

パドル、最終仕上げです。

鉄板を購入してベースにしました。

www.kiriita.com

このお店で下記のスペックの鉄板を購入しました。

f:id:JH1LHV:20161022185652j:plain
ウェブに掲載されていた厚みの最大が 9mm とのこと。
これ以上の厚みが欲しかったので問い合わせたところ、対応できずと回答が。。。
 

f:id:JH1LHV:20161022142818j:plain
思ったより綺麗な鉄板で、このまま加工せずに使えそうです。
比重が 7.8 なので、重さは 約450 グラムの鉄板です。

f:id:JH1LHV:20161022142849j:plain
こんな感じに購入した鉄板の上にパドル部分が乗っかります。
 

f:id:JH1LHV:20161022150324j:plain
パドルを取り付けるための穴を 9mm 厚の鉄板に4か所あけるのですが、これが結構大変な作業で、失敗せずに正確に穴をあけるためにはボール盤やドリルスタンドのような固定できる道具を使う必要があると思います。
(切削オイル + 2.0mm → 2.5mm → 3.0mm の順であけました。)
 

f:id:JH1LHV:20161022154744j:plain
3M ネジが通る穴を4か所あけることができました。 
 

f:id:JH1LHV:20161022165017j:plain
ラッカースプレー(ツヤ消し黒)を使って、お化粧してあげます。
これで見た目も良くなるし、そして何よりサビ止めの効果も期待できます。
 

f:id:JH1LHV:20161022165348j:plain
なかなか綺麗にお化粧できました。Hi 

f:id:JH1LHV:20161022180801j:plain
ベースにパドルをネジ止めします。

f:id:JH1LHV:20161022180951j:plain
そして、少し大きめのゴム足(TAKACHI B-P42)を取り付けます。 
 

f:id:JH1LHV:20161022193025j:plain
上蓋をはめて前面です。

f:id:JH1LHV:20161022181111j:plain
後ろ側です。
 

f:id:JH1LHV:20161022181438j:plain
最終的な重量は、493グラムとなりました。
 

f:id:JH1LHV:20161022181249j:plain
Aruduino CW Keyer に接続して試してみました。
ベースの重さもしっかりあって、まったく滑ることもなく操作はとっても快適です。

メーカーさんのものと比べて、そんな違いはないような。
今度、オリジナルのパドルを・・・イチから作ってみようかなんて思ってしまいました。

 

SoftBank光