JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

バグキーの短点速度を比べてみました

バグキーの短点速度って、なんだ。

バグキーなので短点だけは自動で送出してくれます。
ところがメーカの違いやモノによって調整できる短点の速度が違うんです。

「エッ!一番遅く調整したのに、なんでこんなに速いの?」

なんてこともしばしば起きるわけで。
特にバグキーの老舗、バイブロのキーなんかはとっても顕著です。。。

これは初心者にありがちなことなのですが、モールスの速度に比べて、短点の速度だけが異様に速い。
どうやっても、デフォルトで遅く調整できないんだから・・・仕方ないんだけど。

そうして扱いきれなくなって最後はヤフオク行きか、シャックの飾り物になるだけ。。。

ということで、新しくバグキーの MS-435(BK-100)も我が家の仲間入りしたところで、手持ちのバイブロのバグキー(Original Deluxe Model)と、短点速度(最も遅い設定)の違いについて比較してみました。
 

  • MS-435(BK-100)の最低速度

  

 

f:id:JH1LHV:20131231134357j:plain

 

  • Vibroplex Original Deluxe Model の最低速度

  

 

f:id:JH1LHV:20131231143323j:plain

 

音にして比べると2つの違いがはっきりと分かると思います。
やはりバイブロの最低速度はかなり高速ですね。

私は、下の写真のような金物を錘として追加して、標準の短点速度よりも遅い速度に設定できるようにしています。

さらにもっと遅い速度で送信する時は、この金物に磁石を何枚か貼り付けて調整しています。

この金物を取り付けて短点速度を遅くした時ですが、

  

こんな感じになり、標準よりも遅い短点速度にすることができます。 

 

f:id:JH1LHV:20131230165259j:plain

この錘にしている黒い金物は東急ハンズで購入したものです。

 

f:id:JH1LHV:20131231174429j:plain

こういったダイソーの磁石も利用しながら速度調整を行っています。

今回、eBay で念願のバグキー(MS-435)を入手しましたが、私の調整が悪いのでしょうか。。。
打ち心地や、短点のキレ具合はバイブロの方が圧倒的有利で、残念ながら MS-435 の完全な負けです。

さすが、バイブロって感じです。

苦労して入手した MS-435 なので。。。
バイブロのバグキーに負けないくらいチューニングを・・・頑張りたいと思います。

 

SoftBank光