JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

NanoVNA(同軸ケーブルの長さを測る)

NanoVNA を使うと、同軸ケーブルの長さを簡単に知ることができるんです。

f:id:JH1LHV:20201031174939j:plain


前回の SWR 専用の状態から同軸ケーブルの長さを調べてみます。

f:id:JH1LHV:20201031180111j:plain
ここでは、実測値が 1.18m の測定用同軸ケーブル(両端 M コネ)の長さを調べてみました。
(実は、長いケーブルを持ってないのです。。。)

実際の測定では、NanoVNA を TDR モードとして測定することになります。

f:id:JH1LHV:20201031180126j:plain
メニューから "TRANSFORM" をクリックします。

f:id:JH1LHV:20201031180139j:plain
上の2つの項目、"TARNSFORM ON" と "LOW PASS IMPLUSE" をオン(文字反転)にします。

f:id:JH1LHV:20201031180151j:plain

  1.  マーカを最大のところに合わせます。
  2.  右上のカッコ内がケーブルの長さです。

実際の長さは 1.18m なんですが、NanoVNA は 1.23m と、少し長く表示しています。

これは、同軸ケーブルの短縮率を考慮してないからで、同軸ケーブルに合った短縮率を設定することで、正確の値を示すようになります。

f:id:JH1LHV:20201029135412j:plain

https://www.harmonet.co.jp/densenkan/upload/item/file/file00000713.pdf

同軸ケーブルにプリントされている型名から短縮率を調べます。
今回の測定ケーブルは 50 Ω の RG-58 なので、短縮率は上の表から 67 と分かりました。 

f:id:JH1LHV:20201031181007j:plain
”VELOCITY FACTOR” をクリックすると、数字入力画面が表示されるので、短縮率の 67
 を入力して x1 を押します。

f:id:JH1LHV:20201031181330j:plain
短縮率の設定で、実測値の 1.18m とドンピシャを示しました。

ということで、今回は NanoVNA を使って同軸ケーブルの長さを調べてみました。

フィルタとか自作しないハムなら・・・NanoVNA で・・・

  • アンテナの SWR 測定
  • 同軸ケーブル長の調査

この2つができれば、もう十分じゃないでしょうか。

 

SoftBank光