JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

中国深圳からの製造基板、到着。

中国深圳の FusionPCB に発注していた、基板が到着しました。

OCS が配送停止中ということで、DHL に勝手に変更されて、しかも差額はキッチリ徴収するようなことウェブに書いてあったんですが・・・差額徴収メールがないままに、昨日ものが到着しました。

f:id:JH1LHV:20200422171459j:plain
今回は2種20枚だったので、箱に入ってきました。

これ、やっぱり後で差額を請求されるんでしょうか。
それとも、遅れたお詫びとして DHL 代はタダになるとか・・・
まぁ期待しないで、請求メールに怯えながら、このまま放置しておくことにします。

f:id:JH1LHV:20200422171519j:plain
K3NG の Arduino CW Keyer で USB ホストシールドが使えるように配線替えしたんですが、上手く動いてくれるかは後のお楽しみです。

今回、FusionPCB の $4.9 のサービスで1種類10枚、2種類の基板を発注しました。

数日前、下のような発送を知らせるメールが突然スマホに届いたんです。
もう DHLで発送済みで、4/28には到着するって。

28って来週の火曜日なんですが、DHL でもやっぱかかるんだなぁって。
これもコロナの影響なんだろうなぁなんて勝手に思ってたんですが、予想に反して到着予定より1週間も早く届いたことに、ちょっとばかり驚きました。

中国からの配送は、緊急以外のものはすべて集荷センターで留め置かれるものと、そして行方不明になってしまうんじゃないかって勝手に想像してたんで、この到着は意外でした。

f:id:JH1LHV:20200422165253j:plain
配達予定日は 4/28 とあります。

f:id:JH1LHV:20200422165039j:plain

このメールが FusionPCB から届いたは 4/18。
そして基板が到着したのが、昨日の 4/21。

世界的に物流そのものが混乱してるというのに、あの中国からたったの4日で到着です。
DHL はなにか特別な流通ルートを確保してるってことなんでしょうか。

で、1日寝かせて今日開封。
これは、やっぱりコロナ菌が怖いからで。。。
中国発送から5日経過+消毒用エタノールでシュッシュだけはしっかりやって・・・
予防対策は過剰なくらいがちょうどイイと、勝手に思ってたりするもんで。

ということで、基板2種が届いたので、近日中でも組み立てて動作確認してみます。

先日ライセンスを買った CooperCAM。
取りあえず Twin-T 発振回路を KiCad で描いて、そのガーバーデータを CopperCAM に読み込んでみたり、まぁいろいろ弄ってみました。

こちらの自力基板製作も、気を抜かずに、進めていこうかと思っております。

 

■ ■


コロナ禍で自宅に籠る時間は長くはなったんだけど・・・
インドアな私はやりたいことが、たくさんありすぎて。

もちろん、電子工作でハンダ付けも。
Netflix で海外ドラマ、YouTube のお気に入りチャンネルもチェックしたい。
(もちろん YouTube はプレミアム会員です。CM が出ないのは最高です。)
いろんな人のブログや、Kindle で小説も読みたい、Radikoで深夜放送だって聞きたい・・・。
こんな状況なもんで、ハムは和文モールスを聞くだけで、もう手一杯です。

やりたい、見たい(観たい)、聞きたいことが多すぎ。

ホント、ネット時代バンザイです。
300bps のモデムでパソコン通信やってたころ、まさかこんな IT 社会が到来するなんてこと、想像すらできませんでした。
もうやりたいことが両手から溢れて、こぼれ落ちてる状態です。。。

Um... もっと時間が欲しい。。。

 

SoftBank光