JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

Stripboard を使って Antenna Analyzer を作る ~その7~

1年ぶりの Antenna Analyzer ネタです。

DG7EAO さんのスケッチそのままだとアマチュアバンドごとの設定ができないので。。。
マルチバンドのアンテナ使いには何かと不便です。

ということで、今日はこの不便さを解消すべく、
バンド選択が可能なスケッチを Arduino に書き込んでみたので、その備忘録です。
 

f:id:JH1LHV:20170430154345j:plain

4バンド用ってことは分かるけど・・・バンドの詳細が調査できないとなると。。。
 

f:id:JH1LHV:20170430154414j:plain
右側のボタン押下で最小の SWR を中心に数メガ幅で再表示するんですが、調査したいバンドが任意に選択できないというのは、やはり致命的ですね。
 

ということで、
本体を改造することなくスケッチを入れ替えるだけで、任意のバンドが選択できる、そんなスケッチはないかとネット中を探したところ、いくつか見つけることができました。

まず見つけたのが、SP3NYR さんのプログラムです。

sp3nyr.itserwer.pl

 

f:id:JH1LHV:20170430160927j:plain

 

この HEX ファイルを落として、Arduino nano に書き込んでみました。

f:id:JH1LHV:20170430161249j:plain

HEX の書き込みは、この XLoader を使うと簡単です。
 

f:id:JH1LHV:20170430154615j:plain

f:id:JH1LHV:20170430154810j:plain
結論から。
画面の一番上に1本の線が表示されるだけで、正しくアナライズしません。

ハードに何か問題があるんじゃないかと、思いつくことをやってみましたが、やっぱりダメでした。

あと解決するとなると、スケッチに書かれているプログラムコード・・・
これは、HEX ファイルが提供されているだけなので・・・
もう、お手上げ状態です。。。

 

続いて、HB9FG さんのとこにあるスケッチです。
(結論から・・・これで上手くいきます。)


Analyseur d'Antenne à partir d'une idée de DG7EAO

f:id:JH1LHV:20170430152408j:plain
この、DDS_sweeper_BT-TYJ_2.37.ino を落とします。 
 

f:id:JH1LHV:20170430162737j:plain

f:id:JH1LHV:20170430162743j:plain

アナライザの構成(回路)に合わせて、スケッチを少しだけ修正します。
 

f:id:JH1LHV:20170430163607j:plain
コード内に書かれているコメントによると、
バンド選択等のスケッチ修正については HB9TYJ さんが行ったようです。
 

f:id:JH1LHV:20170430163623j:plain
左ボタン押下でスイープ開始です。
ちゃんと、1~30メガ全体がアナライズされました。
 

f:id:JH1LHV:20170430163644j:plain
40m(7メガ帯)の SWR の状況です。

右ボタンを押下するごとに、
160m→80m→40m→30m→20m→17m→15m→12m→10m→6m→1~30MHz→
を繰り返します。

バンド選択後は右ボタンでスイープを開始します。
 

f:id:JH1LHV:20170430175854j:plain 
このスケッチで、こんなにも便利に生まれ変わることができました。

HB9FG、HB9TYJ の両 OM に感謝です。