JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

CNC フライスを作る ~その11~

今日はレーザーでアクリル板に穴をあける実験です。
使ったアクリル板は、帰省した時に東急ハンズ(新宿)で買った、10×10cm の 2mm 厚のもの。

レーザー照射を何度繰り返せば、アクリル板に穴をあけることができるのでしょうか。
ホント簡単にですが、実験してみました。
 

f:id:JH1LHV:20160824202339j:plain
直径1cm 程度の穴を、照射回数を1回ずつ増やしながらレーザーを照射し、何回目で穴があくか実験してみました。
(1個の丸に対し、1回から16回の照射を繰り返しました。)

照射する図形は Easel で描き、設定値は下図のとおりとし、最後に G-Code を出力しました。
 

f:id:JH1LHV:20160826181823j:plain


アクリル板(黒、2mm 厚)

  →  透明のものはレーザー光が透過するのでカットできません。 

X、Y 軸の送り速度:F300(300mm/分)

レーザー出力:最大(2.5W)

Easel で出力した G-Code をそのまま使うと、わたしの環境ではレーザー照射の ON/OFF 制御が上手くいかなかったので、コマンド "G0" と "G1" の前に、補助コマンドの "M3" と "M5" を追加しました。

この追加と修正を手作業で行うのは大変だったので、Python でスクリプトを書いて対応しました。
(c:\python△script名.py△入力gcode名△出力gcode名)

 

# coding: UTF-8
import sys

argvs = sys.argv
argc = len(argvs)

if (argc != 3):
    print 'Usage: # python %s in_file out_file' % argvs[0]
    quit()

f1 = open(argvs[1], 'rU')
f2 = open(argvs[2], 'w')

m03 = True
m05 = True
for line in f1:
    if (line.find('G0') != -1) or ((line.find('G1') != -1) and (line.find('Z') != -1)):
        if m05 == True:
            f2.write('M05\n')
            m05 = False
    else:
        m05 = True

    if ((line.find('G1') != -1) and (line.find('Z') == -1)) or (line.find('G2') != -1):
        if m03 == True:
            f2.write('M03\n')
            m03 = False
    else:
        m03 = True

    f2.write(line,)

f1.close()
f2.close()


今回の試験で使った G-Code も置いておきます。(Safety Height : 5mm) 
download: F300.gcode
 

f:id:JH1LHV:20160824212426j:plain
基点をセットして、照射ゴー!
 

f:id:JH1LHV:20160824212632j:plain
レーザー照射中。
アクリル板は捨て板の上に、両面テープで貼り付けています。
 

f:id:JH1LHV:20160824213801j:plain
照射終了。

 

f:id:JH1LHV:20160826202002j:plain

F300 の速度なら、6回の照射で穴をあけることができました。


という実験結果から、F100 ならもっと少ない照射回数で穴があけられそうなので・・・続けて実験です。
(基本的には、切断面は速く移動させた方が綺麗です。)
 

f:id:JH1LHV:20160826203416j:plain

移動速度を F100 に変更したので、おそらく5回照射までに穴はあくはず。
Easel のマルを5個にして、試験を再開です。
 

f:id:JH1LHV:20160825180016j:plain
レーザー照射中。
 

f:id:JH1LHV:20160826204140j:plain

F100 なら照射2回で穴をあけることができました。


おお。
アクリル板に自由に穴があけられるようになりました。
それも、美しく。

これって、凄くないですか!?

SoftBank光