JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

和文の達人

昨日の日曜日。
朝から7メガの和文を聞いていた時のことです。

和文の達人を見つけました。

ここでコールサインを書くのは控えますが、西の方にお住まいの OM さんです。

バグキーを使っての高速な通信でしたが、本当に聞きやすい。
頭の中で和文モールスが勝手に文字になって踊りだす。そんな感じ?

心が躍る符号っていうのかな。
どう表現していいかわからない・・・もう、芸術の域ですよ、あれは。

高速な和文でしたが、リズムとテンポが超絶妙で、まさに達人のなせる技です。

クセが強いモールスや、ひとつにつながっているモールスを受信した時の、あの余計な緊張感と集中力も不要です。

達人から繰り出されるモールスは、それが超高速なモールスでも集中することなくリラックスして受信できるから、これまた不思議です。

和文の交信でテンポよく次々と言葉を繰り出すことは、なかなかに難しく容易にできないことで相当に熟練を要するもの。

連続して会話をつなげていくリズムや、通信相手との呼吸の合わせ方が、とにかく絶妙なんです。

この OM さんですが、交信の途中でバグキーから複式にキーを替えてましたが、これまた上手で、本当に凄い。

達人は、どんなキーでも使いこなして、相手が聞きやすい和文を送信してくる。

これぞ、私の求める姿、理想型です。

達人の叩く和文を聞いていて、
「和文の達人とは斯くあるべし」
と、教わりました。

私の修行もまだまだ続きそうです。

この達人の和文を録音して、音楽のように何度も再生を繰返しています。
そして、自分の頭に焼き付けようと、無茶な事を考えている、今日このごろです。

 

SoftBank光