JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

FT-857 のシリアル通信をモニタしてみる

FT-857 の CAT ソフトでも作ってみようかと。

その前に、実際の CAT コマンドの通信状況を確認してみたくなり、
シリアル通信ポートの通信状況を覗いてみました。

 

f:id:JH1LHV:20130922170943j:plain

 f:id:JH1LHV:20130922171003j:plain

 

まず、シリアル通信を覗くためのツールですが、
わたしの PC の環境が 64 ビットなので、64 ビットの OS で動作するモニタツールを探しました。

やっと見つけたのが「Advanced Serial Port Monitor」というソフト。

  • 有料(15日間の無料トライアル期間あり)
  • 海外ツールで日本語に対応

有料ツールが多くて・・・今日1日だけなので、このツールを使うことに。

 

f:id:JH1LHV:20130922171155j:plain

取扱説明書に書いてあるとおり、しっかり5バイト単位で通信しています。

データの見方としては、
黄色でマークされているデータはパソコンからの送信データで、
最初の5バイトで無線機に周波数と電波型式を問い合わせています。

そしてこの問い合わせに対して今度は無線機からも5バイトのデータが PC に送られます。

このデータから、周波数は 433.60 メガ、電波型式は FM であることが分かります。
( 43 30 60 00 08 )取説、注8参照

そして次の5バイトで受信状況が分かるステータスを呼び出してみました。
無線機からの返事が 0x0E なので、信号強度は 14(0から15までの16段階)で、大変強力な電波を受信していることが分かります。

最後の方で PTT を ON/OFF するコマンドの、0x08 と 0x88 を送ってみました。
しっかりこのコマンドで PTT を ON/OFF することができました。

ハンドマイクを使った長時間運用ではプレスボタンを押している指が疲れるので、パソコンを使って PTT を制御するのがいいかもしれません。

■ ■

 

FT-857 は V/U 専用で、主に 144メガの和文 CW で使ってます。
最近は FM 電波を使った CW の F2A がマイブームで、F2A で交信できるハムを探しています。

ー・・--- で、お待ちしております。