JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

スポンサーリンク

Web に公開されている SDR 受信機にアクセスしてハムを楽しむ

最近では SDR の入手も簡単になりウェブで公開しているハムが増えましたね。
お陰で、自宅の無線機の電源を入れる頻度が低下してしまいました。

で、今日は2つの「まとめサイト」をご紹介です。
 

WebSDR

http://www.websdr.org/

f:id:JH1LHV:20190406121217j:plain
現時点、これだけの SDR 受信機が公開されてますが、この WebSDR に公開している日本のハムは残念ながらいないようです。


f:id:JH1LHV:20190406124048j:plain
今回は、ロシアの MO04SW さんが公開している SDR にアクセスしてみました。

f:id:JH1LHV:20190406124035j:plain
せっかくなので通常の環境ならあり得ない、ロシアの 2m FM、145.50 MHz を聞いてみました。
ロシア語のラグチューがメリット5で流れてくるのでビックリします。
(短波だけじゃなく、現地の V/UHF をリアルで聞くことができるのも、この Web SDR のイイところ!)

これってロシアの MO04SW さんのお宅にお邪魔して、VHF の受信機を触らせてもらってるのと同じことなんですよね・・・凄くないですか?

f:id:JH1LHV:20190407004254j:plain
続いて、日本深夜のイギリス、G8HXT さんの SDR にアクセスです。
SP DX Contest 真っ只中で、バンド内はとっても賑やか。
この時、我が家の無線機の7メガはロシアが数局聞こえただけ。。。
ホント、この Web SDR は生きた CW の練習にもなります。

 

KiwiSDR

続いて、KiwiSDR です。

https://sdr.hu/?q=kiwisdr

www.youtube.com


こちらの SDR 受信機は、秋月電子でも揃えることができるので国内ユーザも多く、ウェブに公開しているハムも結構おられます。

KiwiSDR Board ソフトウェアラジオボード 
BeagleBone Green 

合計、約3万円でSDR 受信機が構築できます。(私はまだ持ってませんが。)
しかもこの KiwiSDR は、最初から Web インタフェースがセットアップされているので、あの煩わしいドライバのインストールや、SDR ソフトウェアのインストールなんかも不要です。

KiwiSDR と BeagleBone を接続して、アンテナと LAN を繋ぐだけ。
あとは電源を入れるだけで、パソコンのブラウザ経由で簡単にアクセスできます。
 

ということで、”SDR.HU” で「Japan」を検索したところ、国内ハムが9局ヒットしました。

f:id:JH1LHV:20190405214747j:plain
1台の KiwiSDR 受信機にアクセスできる数(最大4)は決まっているので、こういうウェブを使った SDR 受信が流行ったりしたら、すぐに最大になって順番待ちが発生しそうです。。。

で、今回は、東京で公開している JE1AHJ さんの SDR 受信機にアクセスしてみました。 

f:id:JH1LHV:20190405215021j:plain

KiwiSDR_JE1AHJ

 

f:id:JH1LHV:20190405213949j:plain
URL をクリックしたら、810KHz の AFN Tokyo が聞こえてきました。

f:id:JH1LHV:20190406133510j:plain
やっぱり聞くなら和文電信でしょう。
ということで、7MHz の和文 CW を受信してみました。

f:id:JH1LHV:20190406133735j:plain
CW デコード機能あったりするので、ここでは欧文の CW を探してデコードしてみました。
デコードには、左下の「CW decoder」ウィンドウの threshold と、受信周波数の微調整が必要ですが、エレキー符号ならなかなかイイ感じにデコードしてくれました。

f:id:JH1LHV:20190406135410p:plain
ついでに、手持ちの Android タブレット(8インチ)でもアクセス。
千葉県の Soy sauce さんの SDR 受信機にアクセスさせていただきました。
アンテナは ApexRadio 303WA-2 という長中短波受信用アンテナを 30m の高さに上げているようで、7MHz の和文 CW がバッチリ聞こえました。

 

ということで、他人の SDR 受信機にアクセスする、今のわたしのメリットといえば、

  • 自分の家のショボいアンテナより、よく聞こえる 
  • 国内のコンデションが悪かったら、他国の SDR を聞けばいい
  • 欧文以外の世界中の母国モールスが聞ける
  • iPad や Android で、どこにいても HF が聞ける
    (短波帯が受信できるアンテナと、受信機を携帯してるのと同じ)
  • 受信中の和文モールスが簡単に録音できる
    (これ、すっごいメリット。でも、録音サンプリングが低いのか、再生時の音が悪いのが難点。)

と、いったところでしょうか。

 

ワッチだけならインターネットに公開されている SDR で十分になってしまいました。。。

こういうリモートができる SDR って、アンテナを含めたロケーションがすべてなので、我が家のショボいアンテナ環境下での設置は、あまり意味を持たないように思います。
やるなら WiMax とかが使える山小屋に、広帯域のアンテナでも上げて、東京の自宅からリモートするのがベストなんだけど・・・ん~、ムリかな。

 

Hantek 2D42 ~ firmware update ~ 

先日ご紹介した ”Hantek 2D42” の firmware をアップデートしました。

www.jh1lhv.tokyo


公式サイトのダウンロードページにある Fireware を落としてファイル名を確認したら、新しいバージョンになっていたのでアップデートしてみました。


http://hantek.com/en/productdetail_1_13174.html

f:id:JH1LHV:20190331105937j:plain
ここから firmware ファイルをダウンロードしてファイルを確認しました。

f:id:JH1LHV:20190331110129j:plain

ファイル名が ”2019030201” という新しいバージョンになってました。

で、ここのダウンロードページから Firmware 、FPGA、Programming tool を落としてアップデート作業を進めようとしたのですが・・・

Hantek 2000 のソフトウェアのメニューから簡単にアップデートできることがわかりました!

 

Hantek 2D42 の Firmware、FPGA を簡単にアップデートする


①現在のバージョンを確認する

f:id:JH1LHV:20190331111927j:plain
Help → About で現在のバージョンを確認しておきます。

f:id:JH1LHV:20190331112031j:plain

  • Software Version: Mar 8 2019
  • Arm Version: 2018120601

Firmware を 2018120601 → 2019030201 にアップデートします。

 

②Firmware、FPGA をアップデートする

f:id:JH1LHV:20190331112155j:plain
Help → CheckUpdate を実行します。
すると、下のような HT2xxAutoUpdate が起動します。
(この時、管理者権限が求められます。)
 

f:id:JH1LHV:20190331113355j:plain
まず最初に、右下の「DFU driver」をクリックしてドライバをインストールします。

f:id:JH1LHV:20190331113714j:plain
わたしの環境は win10 なので、「win10」を選択して「OK」で次に進めます。

f:id:JH1LHV:20190331113647j:plain
このようないつものドライバインストール画面が表示されるので、「次へ」でインストールします。

f:id:JH1LHV:20190331114051j:plain
Option の

  • Force update Arm
  • Force update FPGA

を選択して、「Start」ボタンをクリックします。

実行途中で、「Hold + F1 を押しながら電源を入れろ」(DFU モード)といわれるので、その時に一旦電源を切り、指示通りに本体右の方に付いている Hold ボタンと、上の方にある F1 ボタンを押しながら電源を投入します。

f:id:JH1LHV:20190331115250j:plain

f:id:JH1LHV:20190331114322j:plain
あとはジッと待っていれば勝手に FPGA までアップデートしてくれます。
最後に「Upgrade completed」を表示して作業は終了です。


③最後にバージョンを確認する 

Hantek 2000 のソフトウェアを起動して、バージョンを確認します。 

f:id:JH1LHV:20190331112122j:plain

Arm Version: 2019030201 が確認できました。
 

f:id:JH1LHV:20190331120042j:plain
今回のアップデートで、本体起動時に「Hello」の文字が表示されます。
所有のもので表示しなければ古いバージョンということなので、ファームをアップデートされてみてはいかがでしょうか。

それにしても、メインソフトのメニューからアップデートが簡単にできるのはイイですね。
他の DFU アップデートもこんな感じにできるようになったら、すっごく楽なんですけどね。

和文電信で感じる「茨木のり子」の詩の世界 3

戦後の日本を代表する女性詩人の ”茨木のり子” さんの詩の世界を和文電信でお届けします。
茨木のり子さんの詩はこれまでにも2度ほどアップさせていただきました。

和文電信で感じる「茨木のり子」の詩の世界 - JH1LHVの雑記帳

和文電信で感じる「茨木のり子」の詩の世界 2 - JH1LHVの雑記帳

 

〇 倚(よ)りかからず(15wpm)

 

〇 友人(20wpm)

 

もはや
できあいの 〇〇 には倚りかかりたくない
  :
  :
倚りかかるとすれば
それは 椅子の背もたれだけ

 

耳で聞く和文電信じゃ深く伝わらないかもしれません。。。
是非とも実際に詩集をお手に取っていただいて、目からその純粋な歌を感じてほしいと思います。

美しい詩は心の栄養剤。
なんか、モールスにして汚してしまったようで・・・心苦しい。

 

----- 2019/04/06 追記 -----

音源データは Google Drive に置いて共有をかけてますが、どうもアクセス数に制限があるようで、最大アクセスを超えると暫くアクセスできなくなるようです。

時々覗いてはアクセスできない時に、音源ファイルをいったん削除して新たに保存、そして再度共有をするといったようなことを行ってはいますが、なかなか思う様にはいかずご不便をお掛けしております。

暫く時間がたてばアクセス制限は解除されると思いますので、それまでお待ちいただきますよう、どうぞよろしくお願いします。

 

東京、土曜日の 430MHz

先週土曜日の 430MHz FM メインチャンネルの運用状況です。

夜な夜な作業をやりながら 430MHz をワッチしてるのですが。。。
通信してる人がいない。。。

432.5 MHz 付近から 433.8MHz くらいまでダイヤルを回してるのですが、聞こえるのはホンの数局。

わたし、一応、東京に住んでます。
そして 8.6 dbi の GP を2階の屋根にルーフタワーで上げてます。

QSO パーティではチャンネルに空きがないくらいに 59 プラスでバンバン入ってくる・・・
一応、そんなロケーションです。

 

f:id:JH1LHV:20190326200950j:plain


他のエリアではどうなんだろう。
東京もこんな状態なんだから他のエリアはもっと閑古鳥が鳴いているのかな?

21:00~22:00 のハムのゴールデンタイム(?)で 77回 の受信で 10分51秒。
なので 1回 あたりの受信は 651秒 / 77回 = 約8秒。
430MHz の CQ だと、15秒 から 20秒 くらいは必要だから、全て CQ だと仮定すると 30 回くらい。
ん~。だとすると、土曜日のこの時間、2分 に 1回 の CQ があったということ?・・・
それなら、もっと賑やかなはずだよね。

実はちょうどこの時間、他のことに夢中になってて。
しっかりワッチしてなかったので、ホントのところは分かりません。。。。

ということで、
わたしのところでも調査してみたいなぁ~と思われる方・・・いますか?
FT-857 の CAT に合うように作ってますが、ヤエスの無線機ならそのまま使えると思います。

すでに無線機を CAT で制御しているというなら、このソフトを起動するだけで使えるはずです。
ご入用であればメールください。
(そして、計測結果のキャプチャ画像をいただけるなら嬉しいです。)

f:id:JH1LHV:20190326200936j:plain

データの保存は、データ表示エリアで「右クリック→保存」でできます。

  1. 「Setting」で通信ポートと通信速度を設定
  2. 計測時間を設定
  3. 受信時間を設定(デフォルト1秒以上)
  4. 受信レベルを設定(デフォルト S1 以上)
  5. 「Start」で計測開始
  6. 計測終了でデータを保存(データ保存は右クリックからいつでも可能)


仲間内で使っている周波数の運用状況の把握や、違法な業務無線の運用状況など・・・
それと、ハムバンド以外の業務用周波数の運用状況なんかも計測できると思います。

遊び感覚で如何でしょうか。

 

Hantek 2D42(DSO-DMM-AWG)測定器を買ってみた

Hantek のハンドヘルドな測定器を買ってみました。
この1台で、オシロスコープ + マルチメータ + 信号発生器 の3役をこなしてくれます。

f:id:JH1LHV:20190322220547j:plain

詳しい情報は Hanteck のウェブをご覧ください。

http://www.hantek.com/en/productdetail_13174.html


このシリーズ(Hantek2000)には、いくつかのバリエーションがあります。
わたしは AWG が付いている 2D42 を購入しました。
f:id:JH1LHV:20190322221408j:plain
価格は AliExpress で、約15,000円(送料込み)くらいです。
配送が DHL だったので注文から到着まで5日程という超特急でした。

・DSO オシロスコープ:2チャンネル 40 MHz
・DMM マルチメータ: 4000カウント
・AWG 信号発生器:12bit 25MHz

USB 2.0 を介してパソコンに接続。
Hantek から提供されているソフトウェアを使って 2D42 のすべての機能を操作できます。

www.youtube.com

www.youtube.com


f:id:JH1LHV:20190322222613j:plain

f:id:JH1LHV:20190317101135j:plain

f:id:JH1LHV:20190317101258j:plain
大きさがわかるように、A4 のファイルの上に置いてみました。

f:id:JH1LHV:20190317101401j:plain
ハンドケース付ですが・・・わたしの場合、外で使うことはないけどね。

f:id:JH1LHV:20190317101459j:plain

f:id:JH1LHV:20190317101953j:plain
残念ながら、電源プラグはヨーロッパ圏の C タイプ。
1本だけですが、プローブ(×1/×10 の切替付)が付属しています。

f:id:JH1LHV:20190317101734j:plain
オシロ付きでこの大きさ。(199 x 98x 40mm 624g)
今後の工作における主力測定器になります。

f:id:JH1LHV:20190317101829j:plain
背面をパチリ。
45° のスタンド付きですが・・・結構硬くて、割れそうで・・・コワイ。

f:id:JH1LHV:20190323130612j:plain
右、常用中の DMM と並べてみました。
大きさはあまり変わらない。

f:id:JH1LHV:20190322202353j:plain
添付されてくる電源プラグはフランスやロシアなどで使用されている C タイプです。
ここ日本は A タイプなので、このアダプタを使うには写真右のような C から A に変換するアダプタが別途必要になりますが、スマホの充電で使用されている5V2A の USB 電源アダプタも使えるのでなんら問題はありません。

この測定器を購入する際にバイヤーに「電源アダプタは US タイプ(A タイプ)を送ってくれませんか」とダイレクトメッセージを送ったところ、「OK」と即答してくれたので期待してたのですが・・・実際に届いたのはこの C タイプでした。。。

調べてみると、Hantek のこのシリーズに添付されている電源アダプタは C タイプだけのようです。
(一部のバイヤーで、A と C のどちらかをオプション選択できるところがあったので、希望すれば交換してくれるんじゃないかと思ったのですが。。。) 

f:id:JH1LHV:20190322223356j:plain
まぁ、C から A に変換するアダプタは数百円程度で買えますから。
中華モノを頻繁に漁ってるなら、こういうアダプタは持っていてもいいかも、です。
 

f:id:JH1LHV:20190317102656j:plain
USB は今どきの Type-C です。
リチウム電池充電式(5V/2A)で、パソコンの USB で充電しながら使用できます。

f:id:JH1LHV:20190322230648j:plain
充電中はこの電源ボタンのバックライトは赤に点灯します。
充電終了でバックライトの赤は消灯します。

 

DSO と AWG の動作確認

とりあえず確認です。
本体の AWG 出力(正弦波、1KHz、2.0V)を、そのまま DSO へ入力して波形を表示してみました。

f:id:JH1LHV:20190323133014j:plain
AWG 出力画面。

f:id:JH1LHV:20190323133041j:plain
周波数はジャスト 1KHZ。波形の振幅は 4.040 V。

ユーザマニュアル

本体にはマニュアルは付いてきません。
本体裏側にある QR コードから Hantek のウェブサイトへ行けるみたいですが・・・
QR コード の URL にアクセスするも「Not Found」になります。

f:id:JH1LHV:20190323140311j:plain

f:id:JH1LHV:20190323140458j:plain

QR コードのこの URL は Not Found になります。(今だけなのかは?)

ということで、以下の URL からマニュアルはダウンロードできます。

http://www.hantek.com/en/PagesFW_Vyhsc_3.html


f:id:JH1LHV:20190317111024j:plain


ソフトウェアのインストール

ソフトウェアは以下の URL から、「Hantek2000 Software」をダウンロードしてインストールできます。 

http://www.hantek.com/en/PagesFW_Vyyrj_3.html

f:id:JH1LHV:20190317111049j:plain

 

 f:id:JH1LHV:20190317111821j:plain
DSO 画面。

f:id:JH1LHV:20190317111830j:plain
DDS(AWG)画面。

f:id:JH1LHV:20190317111840j:plain
DMM 画面。
ロギングできるのがイイです。

f:id:JH1LHV:20190317111851j:plain
ソフトの操作方法は Help で確認できます。 

 

ソフトウェアを使って確認 

2D42 の AWG 出力を、同じ Hantek のデジタルオシロ DSO5102P で観測してみました。

f:id:JH1LHV:20190322231226j:plain
左(2D42)→ 正弦波、1KHz、2.0V を出力。
右(DSO5102P)で波形観測。(ソフトウェアで表示)

f:id:JH1LHV:20190322231207j:plain
続いて、2D42 で 25MHz の正弦波を出力。

f:id:JH1LHV:20190322231241j:plain
続いて、三角波を出力。

最後に外部の DDS 出力を 2D42 に入力して波形を観測してみました。 

f:id:JH1LHV:20190322214018j:plain
外部(JDS6600)から 1KHz の正弦波(5V)を出力。

f:id:JH1LHV:20190322231444j:plain
画面左は JDS6600 のコントールソフト。
こんな感じです。

f:id:JH1LHV:20190322214000j:plain
この時の 2D42 はこんな感じで、1KHz ジャストの 5.240V です。

 

最後に

3つの機能がひとつになって、この大きさで、この価格。
コスパ的には申し分ないと思います。

ということで、今後のわたしの主力テスターです。

で、まだしっかり使ってないのでよくわかってないのですが・・・
すっごい気になったのが、DMM モードの導通ブザー。

反応が鈍い。
しっかりした接続が必要で、ブザー音も小さく、かすれるし、音の広がりもありません。

まぁこれは、テスターの導通チェック一般に言えることなんですが。
この 2D42 に期待していただけに残念です。

基板の導通チェック、パッパッとテンポよく進めたいけど。
どうにもこうにも、こう反応が鈍いんじゃリズムがくるってしまいますよね。。。

ん~やっぱ、導通チェックはテスターに求めるんじゃなくって、単純に電池にブザーを付けてやれ、ってことなんでしょうか。

キレッキレッの導通チェッカが欲しいなぁ。


以上、簡単なレポートでした。
で、この 2D42 ですが、とってもお勧めな測定器だと思います。 

 

同人ハードウェアmeetup#2 に行ってきた

昨夜 19:30 から開催された「同人ハードウェアmeetup#2」に行ってきました。

dhwmu.connpass.com


場所はオシャレな六本木。
地下鉄の通路から一度も外に出ずにそのオシャレなビルはつながってます。

入館証はメールに届いていた QR コードを使って自分で発行する必要があったりと・・・
アキバにある古いビルくらいしか知らないわたしには、ホントお上りさん状態でした。。。
会場は 36F だったので、途中エレベータを乗り換えるんですよ・・・。

先日の Yahoo! が入ってるビルといい・・・IT 系のビルってとってもオシャレでゴージャスなんで。
羨ましいなぁ~!

f:id:JH1LHV:20190315211613j:plain

それにしても、「同人ハードウェアmeetup#2」ですが。
総勢 100 人以上集まったみたいです。

参加した皆さん。
しっかり本業をお持ちだと思いますが・・・
仕事をやりくりしながらも、こうして夜に集まってくるわけですから。
ホント素直にみ~んな凄いな~って、わたしのモチベも上がりっぱなしの3時間でした。

f:id:JH1LHV:20190315190031j:plain
19:30 の開始には、ここの会場が一杯に埋まりましたよ。

 

f:id:JH1LHV:20190315193012j:plain


なにかモノを作ろうとするギークな人たちのバイタリティーって、やっぱスゴイ!

プレゼンは LT(ライトニングトーク)なので、ひとつの発表は5分と短いけど。
その分、興味あるだろうネタのエキスだけがしっかりチョイスされていて、しかも洗練されてて、全ての話を集中して聞くことができました。

LT という5分間だけでこんなにも人に伝わる内容に作り込むことができるなんて・・・
みんな LT 慣れしてるんだなぁ~と。
だらだらプレゼンが多い世界の住人として、改めて感動しました。

主催者のひとりである、イチロヲさんの「原価で欲しけりゃ 自分で作れ」Tシャツ。
イイね!f:id:JH1LHV:20190316152858j:plain

f:id:JH1LHV:20190315204630j:plain


この日の詳細な様子は以下のハッシュタグからご覧ください。
会場の雰囲気を感じることができると思います。

twitter.com


なにか作ったものを持参して、って書いてあったので、
皆さん何にか出し始めて盛り上がったりしたら・・・と思い、わたしもカバンに入る小さいものでもと、9Key を持っていったのですが。


f:id:JH1LHV:20190316154039j:plain
・・・取り出すチャンスはありませんでした。。。

www.jh1lhv.tokyo


なんやかんやと忙しい金曜日の夜ではありますが、早めに仕事を切り上げて参加して、ホントよかった。

夜のこうしたイベントに参加できるのも、東京に住んでいるからこそで。
今年はさらに精力的に活動範囲を広げて、いろんな事にチャレンジしていきたいと思います。

 

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その41~

@100で中華から購入した USB シリアルモジュールの頭部分が取れてしまいました。

なんどもなんども、抜き差ししたからなぁ~。
コネクタが小さいこともあって、変なテンションがかかったみたいです。


f:id:JH1LHV:20190314205801j:plain

こういうモジュールタイプのものって、こう何度も抜き差しするもんじゃないですよね。
モジュールのコネクタ、見るからに弱そうだし・・・
こうなったのは、別に中華の安物だからって訳じゃないですよ。
わたしの設計思想の問題ですから。
 

f:id:JH1LHV:20190314210437j:plain

ケース化してこういう、しっかりした USB コネクタを使うとか・・・

f:id:JH1LHV:20190314211030j:plain
絶縁シリコンボンドで USB コネクタのハンダ部分を固めてしまうとか・・・

f:id:JH1LHV:20190314211700j:plain
それとも、こういう USB 延長ケーブルを経由させるとか・・・


・・・何か策が必要ですね。

まぁ、モジュール自体が @100 と安価なので。
モジュールを基板に直付けしないでソケットにして、壊れれたら交換するっていうのでもイイかもです。

ということで、今度の休日にでもソケット化にしようかと思います。

なにせ、ここんとこ忙しくて。。。ゆっくり時間が取れません。。。